カテゴリ:古民家リノベーション( 297 )

お嬢さまの部屋と第2リビングとの間の壁作り

エキサイトのタイトル入力が自動入力っぽくなっててウザい。
それでなくても変な投稿制限かけてたりしてイライラしてるのに。
ダメだなエキサイト。

昨日から始まった壁作り。2日目は間柱の取り付け。
まずは新設した柱と旧吊り柱の合体から。
e0276939_04512134.jpg
それから間柱を取りつけてゆく。
e0276939_04512992.jpg
普通のレベルの場所なら悩まず30分もあればポンポン取り付くんだけど、
何せ相手は丸太梁。いちいちレベル出ししてはホゾ掘って叩き入れなければいけない。
究極の面倒臭さ。
それでも何とか半日で取り付け終えた。
e0276939_04513688.jpg
午後からは前日オレをドヨーンとした気分にさせた構造用合板を用意。
e0276939_04514344.jpg
多少長いので切り詰めてセット。
e0276939_04515033.jpg
先日、訳あって桁に沿わせて根太を入れたと書いたけど、
その訳とはこの下地の話。
間柱を切り欠きたくなかったので根太を足したのでした。
e0276939_04515815.jpg
それから根太に沿って10cmピッチで50mmのコーススレッドを打ち込む。
e0276939_04521588.jpg
これが結構大変。細かいねぇ10cmは。
でもこれやんないと構造強度出ないって言うからね。
それから筋交い作り。
e0276939_04522246.jpg
へ?家の中に筋交い??と思うでしょ。
強大な丸太梁が一文字に横断しているのでここはきちんと支えないとと
これでボックス構造での補強は完了するはず。
材料が切れたので製材所へ。
製材を終えたら一旦材料を現場に入れて先日ゴタゴタしたケヤキの木の処理に向かう。
正直時間の無駄なので気が進まないけど仕方がない。
現場到着。
e0276939_04523195.jpg
あ〜〜ぁ。95%はただのゴミだよ。
もうこのプロジェクトは完全に頓挫したわ。
燃料炊いて時間かけて集めたのがただのゴミって一体何やってんだ俺?
このゴミを回収して自分の畑まで持ち帰って燃やして処理して終了。
イライラしない訳がない。
もう今回で終了。こんなゴミは原木とは言わない。
e0276939_05045531.jpg
山のように積み上げてはユニックのブームでバキバキバキバキ!!って粉砕しながら詰めてゆく。
相当気乗りしなかった現場だったけど1時間ほどで処理完了。
そのまま近くの漁港へ。
e0276939_05070931.jpg
このままじゃ終われない!!と思ったのでアオリイカでも釣ろうとエギ竿を積んできていた。
が……………
ラインチェックのためにライン引き出したらプツンと切れた……………
切れた箇所はPE側なのではい終了。
帰ろ。
もういい。とトボトボと車を走らせた。
堤防に向かうジジイ達が何だか偉そうで頭にきたので週末は船下ろしてやる!!と
意気込んだが、週末はバイトやん!!
無念。
今年はアオリイカ食えないのか?
家に戻りそのまま現場に入り筋交い作りの続きを行なった。
30分ほどで完成。
e0276939_05071767.jpg
ママが帰ってきてエックスになってる!!と騒ぐので
おう。X JAPANよ!!と
e0276939_05072380.jpg
洗脳先生のようなポーズを決めたらママに呆れられた。
なぜか脳内は紅一色だったけどね。
本当はこのまま第2リビングまでガーッと仕上げてチロに反撃したかったけど我慢。
明日以降はお嬢さまの壁作りに。
その前にバイトか。
バイトもリノベーションの大切な資金源なので大切なのだ。
バイトの出来次第で材料が1等から無節に変わるほどの差がある!!(嘘)
なので一生懸命働くのだ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

[PR]
by kurogane-mania | 2017-09-23 05:16 | 古民家リノベーション | Trackback | Comments(0)

構造用合板がカビた

昨日の朝、ウオーキングしていたらうちの田んぼの近くが
e0276939_07075898.jpg
モミーロードになってて笑った。
延々と100m。聞けば近所の棟梁がやっちまったとか。
受けるわコレ。

この日は奥深い山中で美しく生きている友人夫婦のお宅を訪ねた。
彼のセンスが大好きなんすけどね。
e0276939_07082937.jpg
現在、彼は薪棚を竹を切り出して製作中。
e0276939_07085512.jpg
隣の小屋は彼が予算30万円で作り上げた2×4のタイニーハウス。
随所に彼の工夫が光る。
e0276939_07090964.jpg
基本的に晴れた日しか作業しない潔い彼のワークテーブル。
e0276939_07095115.jpg
ロケットストーブの試運転も見せてくれた。
e0276939_07093637.jpg
杉の小枝がパチパチいって燃えて辺りに独特の香りを漂わす。
e0276939_07100587.jpg
懐かしいなぁ。いい香り♪
そしてもう一つの目的がこの子達。
e0276939_07084158.jpg
可愛くて可愛くて。
ワンワン吠えようが多少甘噛みされようがおじちゃんは一向に構わない。
ビスケットで一瞬で沈静化してこんな感じに。
お帰りの際なんかはもう甘えて甘えて。
可愛くて可愛くて。
連れて帰りたいほど。
でもマザコンな彼らだから無理。
お母ちゃんしかダメなのよ(笑)

仕事を終えて自宅に戻ったのは夕方。
昨日第1リビングの薪ストーブの脇から外してきた構造用合板。
e0276939_07102912.jpg
白い部分は大引きに当たる部分。
色が暗い部分は
e0276939_07103907.jpg
カビ………………
上の方がもっと酷い。
e0276939_07195807.jpg
表面はささくれだって既に腐る気満々な状態。
いや、何つーか構造用合板が悪い訳じゃなくて、
スタイロで密封しちまったせいでこうなったのね。
でもね。やっぱダメだな合板。
予想はしていたけど、予想以上のダメさにゲンナリ。
これじゃ20年どころか10年後には正体不明になっちまうよ。
つーか、スタイロに嫌気がさした。
いくら断熱性能が高くても家を腐らせる素材は使いたくない。
どうすっかな。
スタイロ5万円分ほど在庫持ってるけど2階部分に回そうかな。

ちょっと頭痛くなったけど気を取り直して現場へ。
昨日オークションで1週間に落札した商品がようやく届いた。
e0276939_07203337.jpg
このバカ業者、言うに事欠いてこんなもん貼ってた。
e0276939_07204578.jpg
バカじゃねぇのか?
お客さんの大切なものだと本当に思ってたら1週間も待たせんなボケ!!
中も丁寧に納品書もイン。
e0276939_07205778.jpg
釘なのにエアパッキンも完備。
だ・か・ら、そんな事はいいから。
とにかく早く送る努力してくれよ!!
と言う事でブラッドネイラーを出してきてネイルを確認。
e0276939_07214151.jpg
雰囲気的にはフィニッシュを鬼のように頑固にしたような感じ。
さて、このネイルどうやって入れるんかな???
ガンの上部に扉があったので開けてみた。
e0276939_07212771.jpg
うーん。なんか違うな。これはジャムった時に開けてネイルを取り出すための扉だな。
今度は下から。
e0276939_07215470.jpg
おー。これが正解だね。
何かと便利なヒノキの端材を用意して。
e0276939_07211527.jpg
バシュ!!
e0276939_07343776.jpg
ちーと深いな。
打ち込み深さ調整ネジをグリグリやって再びバシュ!!
e0276939_07344605.jpg
お!いいね。動作は完璧。
なるほどね〜〜これなら無垢材も割れないな。
1万円のブラッドネイラー。
e0276939_07210568.jpg
大変お買い得すぎる逸品でございました。

最近大活躍なのがマックスの常圧釘打ち
e0276939_07350971.jpg
CN550S
e0276939_07352063.jpg
釘の使用範囲は
e0276939_07353040.jpg
ワイヤ釘で32〜50mmまでと俺の心の広さ並みに狭い。
35mmしか使うなって事かよ!!と言いたくなるほど。
N釘も入らない。本当にロースペックなマシンなんだけど、
最高に使いやすい。
常圧だけど、N釘使えないけど、釘ほとんど選べないけど。
室内造作の下地ではほとんどこいつでバンバン打ってる。
何なんだろうね。ロースペックなのに頼れる相棒ってのは。
おもちゃ類で散々遊んだ後は作業に。
e0276939_07201818.jpg
仮貼りしてあった12mmの合板を剥がしレベルの確認開始。
レーザー、スケール、差し金を総動員して調べ倒す。
結果、現在オイラが組んでいるレベルでの誤差は最大1分。
こんだけ躯体がメチャメチャに動いている中でこの成績は十分な結果。
想像以上の出来に満足。
それから吊り柱と新設柱を連結させる為の呑み込み代を作る。
e0276939_07353771.jpg
ガンガンガンガン。
完成する頃には飽きたので大量に出た削りカスを手に畑に行って処理。
いよいよ第2リビングの壁造作に取り掛かります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

[PR]
by kurogane-mania | 2017-09-22 07:47 | 古民家リノベーション | Trackback | Comments(2)

天井勾配の検討

昨日、ウオーキングから戻って何気にポールの先端ゴムを見たら
凄くすり減っていて驚いた。
e0276939_04594531.jpg
新品の時はこんな形だったのに……
e0276939_05000526.png
頑張って歩いた証かな。
おかげさんで血も健康になったし。
コレステロールが改善されたのは本当に嬉しい。
食事は1年前の異様なストイックさはもうないけど、それでも体重は維持。
やっぱ運動は必要なんだね。
ウオーキングから戻るとちょうどご飯が炊けていたので
ママとお嬢のお弁当用のオムライス作ってあげた。
最初のは何がやりたいのか自分でも理解不能な物になったので
お二人の朝食に回す。
e0276939_05174093.jpg
その後のは正常にできたので
テキトーにデコっておけよ。とママに言うと
「パパが書いてくれなきゃヤダ!!」とガキンチョのように駄々をこねるママ。
うざったいので書きなぐっておいた。
e0276939_05003184.jpg
これなら文句ねぇだろ!!
(極太文字が愛情の深さを物語る(大嘘)

それから接骨院へ行って、自宅に戻り仕事までの間作業を。
お嬢さまの部屋の入り口にはパントリー兼ウオークインクローゼットに
ミニシンクが付いた6畳の多目的ルームが接続されているんだけど、
その部屋の天井も傾斜天井になるので、その勾配を検討する。
e0276939_05015338.jpg
まず最初に3寸5分勾配から。
うーん。
e0276939_05013726.jpg
水平天井よりも低い位置で接続はないなぁ〜〜
では4寸で
e0276939_05004039.jpg
うーん。
e0276939_05011403.jpg
これだと接続部分の取り合いは丁度角で接続する感じだね。
でも、天井の先端部分の断熱材の厚みがほぼゼロ。
徐々に拡大してゆくものの、これでは夏場辛すぎるだろ。
ならばと5寸勾配で。
e0276939_05012690.jpg
と、傾斜天井の検討は終了。
反対側の壁も立ち上げないと進めないので
現場の片付けをやってから早めのランチを取り仕事へ。
仕事を終えて家に戻ったら黒猫さんがニャーニャー言って
ベタベタに甘えてきて可愛くて仕方なかった。
e0276939_05020378.jpg
現場のガラスの引き戸の前で必死の抵抗。
「おとーちゃん行かないで!!」
かわいい♪
何とか騙してガラス戸の向こう側に行っても
e0276939_05021742.jpg
ガラス越しにLOVE。
二階へ登ってさっきの場所を見て呼んでみたら
e0276939_05160383.jpg
黒猫さんがキョトンとして振り返っていた。
e0276939_05161517.jpg
どうしようもなくかわいい。
頼むから俺より長生きしてね!!

かわいい黒猫さんを振り切り現場へ。
e0276939_05162559.jpg
物置となっていた開かずの間を清掃し開けて作業。
e0276939_05163438.jpg
この間、携帯を車に忘れて記録ナシ。
もう片方も作業。
e0276939_05170891.jpg
根太を増やさなければいけないのでね。加工。
e0276939_05165645.jpg
通常桁の脇になんか根太は入らないのだけど、訳あって増やす。
これがないと壁下地を作れない。
作っても強度的に問題が発生するのでね。
ここで本日終了。
ディナーは夕方スーパーで見つけたカレイを揚げて甘酢あんかけに仕上げてもらった。
e0276939_05245735.jpg
黒酢の方がいいんじゃねぇの?と言うが無視されたので
自分でバルサミコかけてチューニング。
ほら、やっぱ黒酢の方がいいじゃん!!
まぁ美味かったから何でもいいさ♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

[PR]
by kurogane-mania | 2017-09-21 05:27 | 古民家リノベーション | Trackback | Comments(2)

面倒な壁下地

昨日は接骨院を終えてから自宅に戻り、珍しく納屋のワークスペースの整頓。
オプチマスのアルコールボトルコレクションも少し増えてきたなぁ〜
e0276939_04501833.jpg
ラジウスの物は灯油ランタンにアルコールを注いで使うもの。
首が白鳥のように特徴的。スワンネックとでも言えばいいかな。
e0276939_04502642.jpg
これ以上書くと変態だとバレるのでやめておく。

それから前日に届いたフロア釘打ちも箱が邪魔なので丸ノコケースの仲間入り
e0276939_04504226.jpg
やっぱりケースは収納時以外はいらないかな。
e0276939_04510135.jpg
現場では圧倒的にこっちの方が便利。
オイルスプレーもこれならなくならない。
蓋をすれば
e0276939_04511920.jpg
粉塵舞い散る現場でも怖くない。
コツコツと壁下地を作る。
訳あって向かって右側の縦3本の厚みが違う。
左から-2分、-2分5厘、-3分。
それに気がつかずに間柱にふかしをかけたのでさぁ大変。
いちいち横桟を入れるのにレベル調整が必要になってしまった。
本当に不毛で面倒臭い作業を繰り返す。
e0276939_04513590.jpg
一段一段とコツコツ地道に。
自分のミスなので苛立っても仕方ないのであきらめ顔でね。
午後からは仕事。
コシヒカリのたわわに実った水田に向かう。
e0276939_04512758.jpg
本当に黄金色に輝いていて綺麗だった。
思わず携帯のホーム画面に設定したほど。
仕事を終えて自宅に戻り作業再開。
また修行のような壁下地作りを繰り返す。
e0276939_04514337.jpg
中間下地完成。
これでもまだ桁とのレベルが合っていないので、
この上からもう一層小幅を貼ったら壁下地完成。
信じられない事にここの壁下地は間柱→レベル調整根太→厚み調整下地1(1寸)→
最終厚み調整下地(小幅、5分)というとてつもない調整が必要なのね。
原因は捻れた桁。あいつを交わすための下地がとても多い。
その桁の厚みは5寸5分。その時点で最低壁厚は5寸5分は確定なのだけど、
更にレベル調整が入るので最終的には7〜8寸ほどの厚みがあるんじゃないかな。
この入り組んだメチャメチャな壁下地でもセルロースファイバー断熱なら
何の問題もなく施工可能。隅々まで行き渡る。そして快適。
どんなに汚れようとも、どんなに辛くても、その後の快適な生活を考えたら
セルロースファイバー断熱は必須。
ちゃんとレベルの出せる屋根断熱なら高密度グラスウールでもオッケーかも。
施工速度は10倍は違うから(汗)
ディナーはママ特製醤油麹に漬け込んだ豚肉をデリシアで焼いたもの。
e0276939_04515255.jpg
うまい。これもきっとドラッグストアで買った安肉なんだろうけど
本当に柔らかくて美味い。
ママ麹とデリシアのコラボ。
それにサラスパ食いてぇよ!!と泣き叫ぶオイラのために用意してくれた
サラダスパゲッティ。
e0276939_05125635.jpg
糖質断ちしてるからと夜は白米食わないけど、これじゃ意味なさそう(汗)
しかし、昨日届いた献血結果は全ての数値が正常値に。
いよいよコレステロールも正常化した。
黙って黙々と1年間歩き続けた効果がはっきりと出てきたよ。
やっぱ運動しないとダメだね!!
そこの肥満社長!!ウォーキングは体にいいぞ!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

[PR]
by kurogane-mania | 2017-09-20 05:16 | 古民家リノベーション | Trackback | Comments(2)

刻みの1日

どんな仕様にしようかと悩みながら放置して作業を進めてきたお嬢様の部屋の隣の
ウォークインクローゼット兼簡易シンクのエリア。
エアコンの収まりも決めたので桁や束、梁を一気に仕上げてゆく。
まずはノミを研いで戦闘準備。
前日製材所で曲尺手を出しなおして少しサイズが小さくなったカナアテ材料を用意して
刻む。
e0276939_07061258.jpg
相手となる柱のホゾも刻み
e0276939_07062105.jpg
叩き込む。
ただ、柱が捻れてしまっていたのでそれに合わせたりと
結構手がかかった。
次は梁と梁を繋ぐ渡しの部分を刻む。
e0276939_07064006.jpg
うーん、相変わらず面倒臭い(笑)
e0276939_07064991.jpg
OK。
これを持ち上がって
e0276939_07065928.jpg
叩き入れる。
e0276939_07070961.jpg
これである程度の動きは規制できる。
e0276939_07071933.jpg
このあと屋根垂木なんかの支え束を叩き込んでこの辺の造作は完了。
次は傾斜天井の下地を作らないと水平天井の仕舞いが出ないので壁下地から制作。
リビングではママとお嬢さまがのんびりしていたので呼んでみた。
e0276939_07060395.jpg
どどーんと進んだ部屋に思わずニヤケながら妄想するお嬢さま。
e0276939_07072853.jpg
この程度でニヤケられてもねぇ。
お父ちゃんの本気はまだまだ先だぜ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

[PR]
by kurogane-mania | 2017-09-18 07:14 | 古民家リノベーション | Trackback | Comments(2)

空中に浮いたままだった丸太梁の処理

お嬢さまの部屋の天井をやる前に、
空中に浮いたままだった梁の固定をやらなきゃいけない事に気がついた。
なので作業開始。
e0276939_09023107.jpg
叩き込んだ時にギタギタになってしまった木口が無惨すぎる。
整形して
e0276939_09021708.jpg
位置出しを実施。
取り付く柱を用意する。
e0276939_09024059.jpg
後付けなのでこのような仕口で。
e0276939_09024935.jpg
ガンガンガンガン。
e0276939_09025950.jpg
うーん。あと1分ほどかな〜。
梁が長いようなので削り調整する。
そして本固定。
e0276939_09030870.jpg
オッケー。
隣に並んだ柱が垂直より若干傾いていたので、
今回の柱もそれに合わせて若干傾けて固定。
ここで無理して合わせると逆に不自然になっちまうので。
長い辺の方が誤差が目立たないってのもある。
これで先日の天井材の余り材の行き場が出来そう。
e0276939_09031527.jpg
勿体無いなーって思ってたんだよね。
e0276939_09032687.jpg
夜はアメリケンな牛肉でステーキ。
e0276939_09033441.jpg
この量で1000円未満。
いいね、BSEかも知れんがまぁいいか。
海賊(シーシェーパード)を養ってる
オーストライア産のゴミ肉(オージービーフ)だけは食べてはいけないので。
日本人はオーストラリアが敵国だと言うことをもっと認識しないとね。

畑で草刈りをやってたらカマキリさん夫婦があんなことやらこんな事やってた。
e0276939_09034199.jpg
このあと男子は食われるんだよなぁ。
お前さんは命がけなんだよなぁ。頑張れ!!と声がけしておいた。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

[PR]
by kurogane-mania | 2017-09-17 09:10 | 古民家リノベーション | Trackback | Comments(2)

お嬢さまの部屋の天井(ヒノキ部分)完成

昨日も仕事からスタート。
同僚と待ち合わせをしていたらアゲハ蝶がたくさんいて
花の蜜を吸ってるのが可愛くて思わずパシャっと。
e0276939_04590510.jpg
同僚の読みが浅すぎて前日無駄足を踏まされたのでジェラートをダブルで奢らせる。
e0276939_04593683.jpg
この日は栗がベースにナシとメロン。どれも季節のもの。うまい〜♪
で午前の仕事を終えて腹ごしらえ。
e0276939_04595613.jpg
午後からも同僚と二人でサクッと仕事を済ませて解散。
ホームセンターで必要な工具を少しばかり買い込んで帰宅。
e0276939_05004299.jpg
インテリアバールと細めの釘しめ。
この日のお客様はカマキリさん。
e0276939_05011723.jpg
カメラ目線なのが笑える。
それにしても暑い。
一応タイベックシルバーを施工してあるのだけど、
熱せられた瓦が尋常ではない熱気を降ろしてくる。
e0276939_05021371.jpg
しかし、ほんの数メートル先のお嬢さまの部屋まで行くと
e0276939_05024016.jpg
そんな熱気は完全に遮断されていて快適そのもの。
同じ2階の空間とは思えないほど快適。
セルロースファイバーの屋根断熱効果は想像以上に凄まじい効果を発揮してて
これには少し驚いた。ここまで違うなら汚くなっても施工する甲斐があるってもんだわ。
なので第2リビングへ水分補給に出てきて逆に汗をかくという何とも不思議な現象が…

えーっと、ブログ仲間のあの方がピンネイル?フィニッシュネイル?と混乱しているので
段ボール箱に空打ちして双方のネイルを取り出して直接比較。
e0276939_05015223.jpg
右がフィニッシュ、左がピン。
フィニッシュの方はまだ根元に段差を付けて抜けないような努力の跡が見えるけど
ピンは本当に何もない。ただの棒。保持力の差はこんなところからも出る。
しかし、その太さの差は見ての通り。
接着剤で固定する仮止めなんかの使い方だとピン最高。
ほとんど見えなくなるし。
でもまぁ普通に使うならフィニッシュなんだろうね。
でも釘頭が四角いので、だったら普通の仕上げ釘使った方がオシャレかなと。
釘の色を間違えると逆に目立つので色はちゃんと選んだ方がいいですぜ。

現場に入ると自然光に輝くヒノキの天井が眩しかった。
e0276939_05220000.jpg
なんて綺麗なんだろう。と思わずパシャっと。
上下で同じ1枚の板材を切って貼っているので
天井に一体感が生まれてスッキリとした印象になる。
これを何も考えずに下から順にとか施工すると乱雑な印象になる。
ただし、乱張りなんかする場合はそんな事は無視してOK。
言いたい事は写真見れば分かるよね。
こないだ施工した現場の大工さんが勝手にそのように施工してて吹いたが
黒色に染める予定だったので涙ながらに諦めた。
年老いた大工さんが「ダメでしょうか?」と涙目で訴えてきたら言えないよね(^^;;

作業ですが、いよいよ最後の2列になりました。
1枚目はまだいいのですが最後の1列は本当に大変。
接続位置に柱と桁が交差して存在する。
どこの馬鹿だ?こんな設計したの?と言いたくなる。
その僅かな接続部分に僅かにかかる天井部分。ほんと誰やこんな設計したアホは!!
そこに天井下地に当たる小さな三角形の部材を作りはめ込む。
e0276939_05213088.jpg
こんなものは接着剤塗ってフィニッシュで
e0276939_05214628.jpg
パンパンパン!!はい終了!!
次にヒノキの板を慎重に採寸して切り出し開始。
e0276939_05025323.jpg
丁寧に抜いて合わせてみた。
e0276939_05030859.jpg
どっかの誰かさんと全く同じミス。
さすが同級生!!
苦笑いしながら材料を新調。
今度は間違えないように×印を誰かさんと同じように書き込み切り出し開始。
e0276939_05201495.jpg
切り込む角度が逆になるのでこんな切り方に。
e0276939_05205405.jpg
スライドの有効長が長いので捨て板を繋いで切断。
縦方向へは丸ノコ盤で
e0276939_05210696.jpg
合わせてみると僅かに大きいので更に追い込み丸ノコ盤で
e0276939_05222175.jpg
サネの部分の裏側も落とすは落とすんだけど、2〜3mmは残す。
何故かというと、最後のその僅かな部分でもしっかりかかって材料同士は保持してくれるから。
全部落とすとちょっとまずい。特に天井なのでそれは避けたいところ。
幸い材料がヒノキなのでカッターで繊維方向に切るのは非常に楽なのでサクサクっと切り落とす。
何度も何度も収まりを確認したら突入開始。
e0276939_05223895.jpg
桁との接続部分が空いているように見えるけど、これに騙されてはいけない。
自分が採寸した寸法を信じてねじ込む。
e0276939_05225510.jpg
おりゃ!!
e0276939_05231531.jpg
ほらね。
そして最後の1枚にかかる。
こっちは何もかかる物がないので鼻歌交じりで。
e0276939_05352485.jpg
本当は壁下地ギリギリまで板が到達して気軽にバンバンと打つ予定だったのだけど、
壁下地のボードの厚み3+4分の7分ギリギリしかなかったので慎重にフィニッシュで
e0276939_05353718.jpg
ギリギリの耳を狙って打つ。
ここはフィニッシュじゃないと持ちこたえられない。
このライトユースモデル、釘がなくなっても平気でトリガー引けてしまうので
なんか留まらないなぁと盛大に空打ちしてしまう傾向があるので注意が必要。
この辺も値段なりのものかと。
ただ、このペースで使う分にはこのライトユースで十分なんじゃないかなと思う。
常圧なのでコンプレッサーも普通の人は買い直さなくて済むしね。
そしていよいよ

「完成」

e0276939_05355786.jpg
パチパチパチパチ。
何と美しい。
古い梁とのコントラストが何とも言えない。

この日のメニューはこなしてしまったので間接照明の検討に入る。
e0276939_05361325.jpg
どうしようかな〜壁に一度当てた方が上品だな〜とか一人で楽しんでいたらカントクが帰ってきた。
現場に直行するカントク。
e0276939_05362875.jpg
ん???
あれっ!!天井?あれれ??照明入ってる!!
素敵〜〜〜〜〜〜
いいなぁお嬢の部屋!!
何ならニッチも点灯しましょうかカントク!!
ポチっ。
e0276939_05370585.jpg
何て素晴らしい。オトンやるね!!
と相変わらず上空2000mあたりからのお褒めの言葉をいただいた。
e0276939_05495613.jpg
まぁね。このあたりはね。
アイポンのカメラじゃこんな風にしか映らないけど実際は
光のグラデーションに照らされた天井板が何とも素敵な空間になりました。
さて、ヒノキの天井板張りも終えたので次は照明器具との兼ね合いを見ながら
平行天井との取り合いの検討に入ります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

[PR]
by kurogane-mania | 2017-09-14 05:49 | 古民家リノベーション | Trackback | Comments(6)

お嬢さまルームの天井板貼り3日目

お嬢さまが朝から
「お父ちゃん、そろそろ床屋行った方がいいよ」
(てめージジイ、ハゲ散らかしてんじゃねーよ!!とっとと頭丸めてこい!!)
と煩いのでお嬢さまを学校に送り届けた後速攻で床屋にイン。
e0276939_07180717.jpg
とにかく短くしてくれ!!と親父に頼みカット。
スッキリして自宅に戻り仕事へ。
午前中に仕事を終えて作業しようとしていたら宅急便が荷物を持ってきた。
お!!釘届いたか!!と受け取るが、何だこの薄い箱?????
俺は3箱オーダーしたはずだぞ。
で開いてびっくり。
e0276939_07181630.jpg
は???
e0276939_07182350.jpg
はぁ????なんだその50本って????
慌ててダメゾン確認したら確かに50本って書いてあった。
頭にきて送料かかろうが何だろうが返品手続き。
そのまま楽天で買い直し。
楽天は180円ほど高い1180円だが650本入り。
バカなのか?この店は!!二度とダメゾンで釘は探さない。
つーかプライム本当に意味あるんかな?なんかバカバカしくなってきた。
と怒り狂ってるとガラガラッ、おーいいるか???と現場で声がする。
何かと思ったら近所の大工の棟梁がいつもキャン太ありがとう!!と
新米を1俵持ってきてくれた。
e0276939_07185997.jpg
田舎暮らしは濃厚すぎる人間関係がめんど臭いと言う人もいるが
俺はその異様に濃厚な人間関係嫌いじゃないな。
この米俵からはありがとうの気持ちが溢れている。
親方、こちらこそありがとうございます。
そんなダメゾンで荒れて親方に癒されながら現場に入ってふと外を見ると
アマガエルさんが乾燥中の板の上で寛いでいた。
e0276939_07184548.jpg
可愛いねぇ。

気持ちも落ち着いたところで作業開始。
あのクソ面倒臭い丸太梁と天井板の接続部分から。
まずは天井板の端材を持って型取り。
e0276939_07183237.jpg
ジグソーで切り出してみる。
何度か微調整しならが寸法を追い込んでゆく。
e0276939_07190875.jpg
こんなもんかな♪
で、この端材から使用部材に型を写して切り出す。
e0276939_07191984.jpg
こんなもんかな♪♪
この丸太梁にかかる板は3枚。
順に切り出してゆく。
e0276939_07192890.jpg
最後の1枚がなかなか合わず型を取り直した。
ようやく合ったので写す。
e0276939_07313171.jpg
そして切り出し。
e0276939_07193698.jpg
オッケーだね。
ここで再び仕事に。
その仕事は時間の無駄だったのでジェラート買って怒りを鎮め
e0276939_07333441.jpg
同僚を散々恫喝しながら接骨院へ。
家に戻り作業再開。
ヒノキの材料が切れたので2箱目を納屋から引き出して現場へ持ち上げる。
e0276939_07334291.jpg
開封して一枚目にはメッセージが。
e0276939_07335115.jpg
ジーンとした。
ほんのちょっとの気遣いかもしれない。
でも気持ちが伝わってくるよ。
下田木材店さん本当に何から何までありがとうございました!!
大切に使わせていただきます。
で、切り出してたらお嬢さまが登場。
ワタシニヤラセロ!!
と根太ボンド塗りを希望するのでやらせてあげた。
e0276939_07340076.jpg
半分を超えたあたりで「もう無理!!」とか言い出す。
e0276939_07340650.jpg
父には何が無理なのかよく分からんのだけどね!!
で1枚塗り終えたお嬢さまはさっさと帰って行った。
どうやら満足したらしい。(早っ!!)
リビングからママが盗撮していたのでコレクションを拝借。
e0276939_07343283.jpg
うーん。
e0276939_07344577.jpg
合わねぇなぁ
e0276939_07345208.jpg
おらよっと。
後1時間ほどで完成だけどご飯だと言うので本日閉店ガラガラで。
e0276939_07341543.jpg
美しい。
本当に美しい。
e0276939_07342215.jpg
やはりヒノキは日本を代表する材料だね。
素敵♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

[PR]
by kurogane-mania | 2017-09-13 07:40 | 古民家リノベーション | Trackback | Comments(2)

加速するお嬢の部屋の天井貼り

天井貼り作業二日目。
この日もピンネイラーでバンバン貼ってゆく。
e0276939_07004676.jpg
前日、フィニッシュが打てないと嘆いたが、あれは単に圧力不足でした。
少し空気圧を上げたら普通に使えるようになりましたのでライトユースの罠ではありませんでした。
ですが、やはりヒノキに打つと木割れを起こしてしまって使えないので諦めました。
とは言っても打っているのが板材の耳の薄い部分なのでフィニュッシュが悪いわけではないのですがね。
使い方が悪いだけです。
そういう場合はやはりピンが強いですね。最強です。
e0276939_07005687.jpg
正確に美しく、そして木割れも起きない。
難点は保持力がフィニュッシュほどないことですかね。
この天井板は捨て張りした石膏ボードの上にネダボンドを併用して貼り付けるので
ネイル自体の保持強度はそれほど重要ではないのです。
その根太ボンドですが、通常のアプリパックは下地作りの際などには使いやすいのですが、
板材に塗る際などの時は通常の円筒タイプが非常に使いやすい。
e0276939_07015310.jpg
圧力の制御も塗りやすさも最高。
こいつが届いた時は「やっちまったぜ!!」と反省したのだけど、いやいや。
こいつは使いやすい!!
鼻歌を歌いながらどんどん貼ってゆく。
e0276939_07010753.jpg
とカントクとお嬢が帰ってきた。
白目を剥くほど喜ぶお嬢様。
早速手触りからチェック。
e0276939_07011742.jpg
どう?いいでしょ!!と言っているのは俺ではなく
e0276939_07020407.jpg
この人!!お嬢は超ご満悦。
e0276939_07012527.jpg
カントクの態度は更に偉そうに
e0276939_07021319.jpg
私がバンバンってやったんだよ!!(全然違う場所だけど)
お嬢様は既にどういう風な部屋にしようか大妄想中。
e0276939_07013532.jpg
何だかこの日はフラフラするなぁと思ったら
献血で400ccほど血の気が足りないことを思い出してこの日はここまで。
明日は梁が天井と接続している最悪な箇所へ突入です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

[PR]
by kurogane-mania | 2017-09-12 07:15 | 古民家リノベーション | Trackback | Comments(5)

丸太梁に接続する壁下地完成。ヒノキの天井材登場

日曜日は少しはママとゆっくり過ごしたい希望もあるので
午前中のスタートは少し遅めに。
フルオープンの窓を開放してニャンコが逃走しないようにリードで確保。
あいつら俺をどうにか騙して逃走しようと寄って来やがる。
e0276939_04571051.jpg
可愛くて仕方ないけど逃走は許可できませんよ!!
e0276939_04572132.jpg
誰が俺のハゲ散らかした頭撮れっつったよ!!
それからご機嫌にドーナツを手に部活に向かうお嬢様を見送って
e0276939_04573283.jpg
現場に入る。
現場の窓からは秋の定番稲刈りの風景が広がる。
e0276939_04575739.jpg
Kさんがうちの田んぼの稲刈りをしてくれていた。
e0276939_04581610.jpg
Kさん暑いから無理しないでね!!
それから例の丸太梁に接続する垂木を加工。
メンドくさいなんてもんじゃない。
全てが微調整。つーか、調整しない箇所がない!!
結局午前中いっぱいかかってどうにか完成。
e0276939_04574547.jpg
ママがご飯よ〜と呼ぶので下に降りてランチ。
e0276939_04582714.jpg
この日はオイラの希望で小豆島の素麺と焼きナス。
午後からは縦方向に入れた垂木に小幅材を取り付ける作業。
ママが私もバンバンってやりたい!!とか言ってたので
単純な箇所に入ってから呼んであげた。
喜んで登場したママ。
常圧の釘打ち機で45mmの釘を打つが
e0276939_04583538.jpg
バン!!と割と大きな衝撃があるのに驚いていたが
e0276939_04585042.jpg
すぐに慣れてバンバンと。
e0276939_04584324.jpg
超ご機嫌に♪
紙貼ってあげるから準備できたら呼んでね!!と言って消えて行った。
紙の切り出しを終えて、軽く四隅を打ったらママを呼んだ。

「カントク〜〜これでいいっすかぁ?」

ハイハイとか言いながら登場した監督。
さっきまでの常圧と違う高圧のステップラーを手渡され作業開始。
e0276939_05080215.jpg
衝撃がほとんどないのでご機嫌に作業。
e0276939_05081470.jpg
呼んでもしたり顔でお澄まし顔しやがる。
e0276939_05082650.jpg
釘切れたよ!!と煩い。
e0276939_05083309.jpg
それよりカントク、あなたのサンダルにスカート、エプロンに素手って
どんだけ現場ナメてるんすか?緩すぎませんか???
下地作業は丸二日。
紙張りは10分と言う驚愕の速度で完了。
e0276939_05084478.jpg
まるで全てを自分がやったような充実感溢れる表情を残してカントクは去って行った。
e0276939_05183743.jpg
何だったんすかね。

勢いに乗ったオイラは次の作業に入る。
まずは先日購入したフィニッシュネイラーを用意。
e0276939_05085538.jpg
釘も装填
e0276939_05090369.jpg
それから数ヶ月前に準備しておいたヒノキのフローリング材を納屋から取り出す。
e0276939_05091673.jpg
実はこいつが邪魔で邪魔で。
バイクが出せなくて本当に困ってた。
このヒノキ材料を現場の2階まで引き上げて開封。
e0276939_05092903.jpg
美しい。
e0276939_05093766.jpg
なんて美しいんだ。
淡いピンク色が何とも言えない。
香りもやっぱりヒノキ。
上質ないい香りが漂うね。
このヒノキは高知県のヒノキ。四万十檜って言うらしい。
上小節だと言うがオイラにはその僅かな節すら見つけられない。
(有)下田木材店という高知県の製材所から購入。
とても親切に相談に乗ってくれた。きっとこれからも愛用の予定。

天井板を張るのには微調整が多いので
スライドを移動させて導線を短く確保。
ローラー台はマキタの物。
アメリカ製の物はやっぱりカスだったので廃棄処分。
あんなの使っちゃいけない。
e0276939_05184665.jpg
そしていよいよ天井貼り開始。だが…………
フィニッシュで天井材を止めたいんだけど、どうもフィニッシュネイラーが宜しくない。
何と言うか空打ちばかりになってしまって釘が打てない。
平面箇所だと打てるんだけど凸凹したフローリングの耳部分には打てない。
虚しく穴ばかり空いてしまい、イライラは募るばかり。
こんな奴の相手なんてしてらんねぇわ。とブチ切れて納屋へ。
納屋から持って来たのは高圧のピンネイラー。
こんな軽い材料を接着剤で止めるのに釘なんて要らねーわ!!と吠えて打ち始める。
ピンだとヒノキ材も割れないしいいね。
どっちにしても捨て張りした石膏ボードにネダボンドでくっつく訳だし。
それから快調に作業を進めた。
それにしてもフニッシュってあんなに融通がきかないものなのかね。
コンタクトノーズもやたらでかいし。
どうも釈然としない。もしかしなくてもライトユースの罠?

3列ほど貼ったところでタイムオーバー。
e0276939_05191829.jpg
再びカントクが登場し自慢そうに指を指す。
綺麗〜〜〜♪
いや、俺も本当に美しいと思うわ。
翌日は午後からの作業かな。
お嬢の部屋、東京オリンピックまで待たなくても完成しそうです♪♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

[PR]
by kurogane-mania | 2017-09-11 05:23 | 古民家リノベーション | Trackback | Comments(4)


軽井沢ストーブとも呼ばれる鐵音工房の薪ストーブとの日常


by kurogane-mania

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
鐵音ストーブの事
金森ストーブ
FA265に関して
薪について
チェーンソー
薪割り機

煙突
林内運搬車
木材水分計
自家菜園
工具の話
古民家リノベーション
蕎麦
田舎ぐらし
船と釣り
バイクの事
健康とダイエット
雑記
物欲の部屋
未分類

フォロー中のブログ

自力施業型小規模森林所有...

最新のコメント

だよねー ほんと業者オ..
by kurogane-mania at 19:53
欲しいから落札してんだか..
by チロ at 18:13
ちろさま ほんと彼女ら..
by kurogane-mania at 20:31
言いたかねえけど、大工仕..
by チロル at 18:17
optimusの1200..
by kurogane-mania at 19:56

リンク(一方的に)

ライフログ

記事ランキング

ブログジャンル

住まいとくらし

画像一覧