「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:古民家リノベーション( 240 )

2017年リノベーション開始

お正月休みもボチボチと終わり建材屋さんも営業再開したようで
ダイライトを搬入したいと電話してきた。
現場の掃除するから1時間待ってね!と伝えて清掃開始。
30分ほどで終わるが建材屋さんが来ない。
時間を無駄にするのが嫌なので解体予定の屋根の解体に入る。
e0276939_7281766.jpg

親戚の叔父さんが足場を用意してくれるはずなのだが一向に連絡がない。
リース屋から借りてくるかな。
結局半日現れずに解体完了。
e0276939_728484.jpg

週明けから雪だと言うので中古の防湿シートを貼って対抗準備。
e0276939_7302161.jpg

ん?
んんん???
なんか描いてあるぞ。

e0276939_7305484.jpg


ジ・ジバニャンかよ……

それから廃材を手に薪場に行き、派手にファイヤー。
Z農園さんを覗くとブロッコリーが成長していた。
e0276939_7324758.jpg

夕方4時を回った頃建材屋さんから電話。
そろそろいい?
いや…もう10時頃からいつでもOKなんすけど……
そうなんか!!って言ったじゃん(汗)
で、ダイライト3枚を足場のグチャグチャな現場を乗り越えて搬入する。
e0276939_7344311.jpg

さいならー。今年もよろしくお願いしますね〜〜
こうして我が家の 2017年のリノベーションは幕を開けた。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

[PR]
by kurogane-mania | 2017-01-10 07:35 | 古民家リノベーション | Trackback | Comments(2)

我が家の断熱材はウールだぞ

断熱材の選定には頭が痛くなる。
MAGの高断熱グラスウール断熱材も魅力なんだけど
天然素材100%のバージンウールを使った断熱材が気に入って仕方ない。
天然素材ってのが大のお気に入りでね。
ただ、問屋が1県に1件しかないため独占状態。
価格も言い値で好き放題言われる。
それでも魅力な素材。
何時もの建材屋さんの不良在庫として1本在庫があるのを知っていたので
社長に不良在庫なんだから原価で売ってよ!!とねだって売ってもらった。
値切ったもんだから請求は10月に、納品は年末になった(笑)
寒いので取り敢えず貼ってみるかと言うことになり準備。
e0276939_8141295.jpg

大きさの割に凄く重い。
袋から出すとグングン膨らむ。
厚さは50mmほどかな〜
これでは恐らく高断熱は無理だな。
でもまぁ取り敢えず貼ろう。
e0276939_8154676.jpg

壁からの冷気は止まったな。
結構あったかい。
どうしようかな。
水に強いウールと高密度グラスウール。
どう見ても温かいのはグラスウールなんだよな。
天然素材に拘るか、暖かさに拘るか。
価格はほぼ横並び。
うーん。
e0276939_8173876.jpg

難しいとこだな。
にしてもBOSEのサウンドドックの乗ってる脚立ダッセーな。
この紫色のプラスチックパーツを使うメーカーのセンスが理解できない。
ダサいってのが分からないのかな。
一旦おいらに目を付けられてイラつかれたら最後なんだよな。続く(笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

[PR]
by kurogane-mania | 2017-01-09 08:20 | 古民家リノベーション | Trackback | Comments(2)

謹賀新年2017

怒涛のごとく過ぎた年末も何とか無事乗り越えた我が家。
迎えた元旦の朝。
ママ達は料理やら掃除の疲れか眠っていた。
オイラはようやく鬼のようなプレッシャーから解放されてゆっくり7時まで熟睡した。
そして感動の供用開始を迎えた第1リビングールームへ。
そこには第2リビングルームから朝日が差し込んでいた。
e0276939_20563367.jpg

そしてその光は迷うことなく第1リビングルームの大開口に差し込み、
e0276939_20571747.jpg

その輝きはママの新キッチンへと向かっていた。
e0276939_2057512.jpg

この光の流れは流石に想定外でオイラはその神々しい様子に感動して
しばらくそのまま佇んで眺めていた。
どうやら俺たちのリビングルームに天窓は不要のようだなと。
前後の窓から燦々と降り注ぐ太陽の光はそれまで暗かった
第1リビングルームの印象を一変させていた。
それからゆっくり薪ストーブに火を入れて部屋を暖めていた。
ようやくママとお嬢が目を覚まし雑煮の準備を始めた。
我が家では新年の挨拶を交わしたあと、雑煮を食べるのが習わしでね。
e0276939_2114655.jpg

やっぱ日本人なのか畳が落ち着く。
第1リビングも一部畳化が必要だなと痛感中のクロガネです。
お雑煮を食べたあとは書き初め。
e0276939_2125313.jpg

これも我が家の毎年の恒例行事。
これをすることにより自分自身の1年の目標を定めようというもの。
e0276939_215620.jpg

オイラが選んだのは

「継続」

今のリノベーションの勢いを継続して今年もジャンジャン作業を進めようとの意思を込めた。
なぜかお嬢の「つづける」と被ってるがまぁ親子が同じベクトルを向くってのもありかと。
ママは若者の人気グループのコンサートへ友人のTちゃんと行くのが夢らしい。

書き初めを終えたら初詣。

なぜか曹洞宗のお寺に初詣に行くのが習慣化している我が家。
e0276939_2192385.jpg

意味不明な拝観料を1200円取られて???って気持ちに。
鏡餅と位牌ってのが絶妙の世界。
e0276939_21102913.jpg

この巨大で立派な山門の補修工事がこれから2年かけて行われるらしい。
e0276939_21113695.jpg

そして恒例のおみくじ。
実はおみくじに入っているおまけが好きでね。
今年は無事帰るのカエルが入っていた。
e0276939_21112294.jpg

本題のおみくじは末吉。
内容は……
e0276939_21145023.jpg

ホンマ製作所から浮気して散々な目にあったオイラにぴったりの
「恋愛:浮気心は捨てよ」とのご指示。
さすが、神様仏様はなんでもお見通しだね!!
それから神社に移動しておみくじを引く。
チーム女子は真剣に読みふける。
e0276939_21184749.jpg

オイラは神社のおみくじでも「浮気はするな」とのご指示。
はい。もうしませんってば!!
仏様からも神様からも浮気を禁じられて凹むオイラ。
それから叔父さん達がいよいよ暮らせるようになったリビングを見に来ると言うので
自宅に戻り準備。
友人杜氏のKちゃんが醸した濁り酒。
今期のバージョンはどうだ!!と準備万端で開けた。
e0276939_21215928.jpg

だが、仰々しいお札とは裏腹にガスの一つも湧かずに期待はずれな印象。
なんだよ、死んでるのか???
しかし味は最高に宜しくて叔父さんと二人で5合を飲み干し正体不明になり元旦終了。

正月2日は暮れに予告した通り電気工事を行なう事にした。
なので初売りをしているホームセンターへ出向き買い出し。
e0276939_2124239.jpg

年賀状印刷用のインクとコンセント、スイッチをお買い上げ。
家に戻ってから電気工事用のアタッシュケースを持ち出す。
e0276939_21255472.jpg

実はこのケースはゼロハリのカメラケース。
ホーザンとかとは根本的に価格が違う。
こんなの買えた時代もあったんだね。
それからリノベーション中の第1リビングの壁の中を通っている配線を逆流接続する。
e0276939_21275147.jpg

完成時には電気の流れる方向は逆になるので注意!!と自分に言い聞かせる。
接続はワンタッチカプラーで抜き挿し可能な状態にしておく。
コンセントの引き回しが終わり、コーヒーを片手に裏山のみかんの木を眺めながら
まどろんでいたらママに襲撃された。
お嬢はイメージ撮影に夢中!!
e0276939_21354146.jpg

素敵なシルエット写真でしょ!!
しかし実際は
e0276939_21362058.jpg

拷問に耐えるオイラの哀れな姿が……
正月は無礼講って誰も言ってねぇと思うよマジで!!
そこへ近所のKさんがやってきたので何とか生還できた!!
そして昼間っから二人で宴会を開始。
e0276939_21374858.jpg

苦節5年。
ようやくお世話になったKさんを迎えて労をねぎらう宴が出来た。
そのうちうちの両親や弟もやってきて大宴会に。
e0276939_2139455.jpg

オレが秋に釣り貯めたアオリイカの刺身の美味いこと!!
Kさんも弟も大喜び。
両親が帰ろうとしていたら丁度入れ替わりにオーチャン夫婦が登場。
e0276939_21404238.jpg

オーチャンにも散々助けてもらった。
ようやくこうやって呼んであげられたと大喜びでまたもや秋のアオリイカを振る舞う。
マジで美味いんだってば(笑)
6時を回りオーチャンは同級生との飲み会だと言うので帰って行った。
また飲もうね!!
そしてKさんもお土産を手に帰って行った。
宴会の最中にKさんは歳は違えど俺はこいつをツレ(友人)だと思ってるんだと言ってた。
実はオイラもそう思っていたので本当に嬉しかった。
そんなKさんがオレが死んだら葬式頼むぞ!!なんて言い出したから思わず泣きそうになった。
Kさん死ぬなんて言わないで!!と窘めたら、俺だって死にたくはないけど
迎えが来たら仕方ないだろ。そん時は頼むなと。
バカじゃねのKさん正月から泣かせるなよ!!と怒っておいた。
Kさん今年も元気に遊びに来てね!!
と今年の2日目も賑やかに楽しく、感謝を込めて終わった。
明日は社長夫婦を呼んで昼間っから大宴会の予定。
お正月ってのは1年間お世話になった皆さんを呼んで持て成すためのお休みだと
オイラは思っているのです。
緊縮財政で材料はチープな物ばかりだけど手間暇は十分にかけた物ばかり。
こういうのを贅沢って言うんだなとオイラは思う。
みんな口々に「いい正月いができたわ」と千鳥足で帰って行く。
そんなみんなを眺めるオイラ達の心の充足ったらない。
来年はもっと楽しい空間を用意するからね!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

[PR]
by kurogane-mania | 2017-01-02 21:50 | 古民家リノベーション | Trackback | Comments(6)

苦節5年!第1リビングルームが使用可能に!!

やはりと言うか、やっぱりと言うべきか今朝も4時に目が覚めた。
まだ辺りも暗いのでお気に入りのブログを徘徊したり、ネットサーフィンしたり
尿の簡易検査をしたりして暇つぶしを行っていた。
心配していた蛋白はプラスマイナスなので、まぁ経過観察かな。

6時になりご飯が炊けたようなので炊飯器を開けて発芽玄米を少々。
キャベツを持ってレンジでチンしてシンナリさせて
ご飯的な歯触りに仕立てる。
今年のリノベーション最終日を迎えてオイラも気合が違っていた。
なので今朝はドーンとソースかつ丼でパワーアップ。
e0276939_11222620.jpg

ガツガツ食べて8時まで現場の整頓とかをしてジッとその時がくるのを待った。
見てやってほしい。この気合十分な姿を。
e0276939_1124189.jpg

それから薪ストーブの所へ行き焚き付けを準備。
前日、適当な材料で点火しようとして大失敗して四苦八苦したのでこの日の朝は
とても丁寧に焚き付けを組んだ。
e0276939_11252227.jpg

その甲斐あってマッチ一本で楽勝の点火。
e0276939_1126224.jpg

何年前に集めたか忘れるほど昔に集めた焚き付け用のミニドンコロも使う。
e0276939_11265080.jpg


時計の針が8時を回り、部屋も程よく温まってきたのをみ計って、
にコンプレッサーのスイッチON。
ブオーン。

さぁやるぜ!!
と根太作業の続きを行う。
根太作業は1ライン分なのですぐに終了。
根太貼り完了〜〜〜!!
e0276939_1129499.jpg

スライドはしばらく使わないのでエボリューションのスタンドから分離して運ぶ。
e0276939_11294067.jpg

ワンタッチでスタンドと本体が外れ、その足もワンタッチで畳める。
本当に優れた製品だね。いいもの買ったもんだよ。

次は断熱用のスタイロフォームの切り出しを行う。
e0276939_11305656.jpg

根太が定尺なのでスタイロは丸ノコ盤でジャンジャン切り出す。
切っては埋め、埋めては切る。
e0276939_11311157.jpg

ある程度埋めたら構造用合板を6箇所留めで固定してゆく。
e0276939_11313594.jpg

スタイロが埋まった箇所から順にね。
構造用合板も近い将来二階の第二リビングの床下地材料として使うので
なるべくなら切ったり欠け込みは作りたくないので、最少限度で済むように調整し
貼って行く。
今日は出来れば年末の買い出しやauショップへ行きたかったのだけど、
作業が案外難航して思うようにはかどらない。
切っては
e0276939_11323474.jpg

調整し
e0276939_11362184.jpg

また切っては
e0276939_11365282.jpg

埋め込む作業を繰り返す。
ヘロヘロになりながらもどうにかスタイロも最後の一枚。
e0276939_11374816.jpg

本人は笑ってるつもりだが、もう疲れがピークに達していて引きつっているようにしか見えない。
それでも夕方6時には床を張り終えて仕上げ作業に入る事が出来た。

仕上げ作業ではとにかく冷たい外気が入ってこないように
建具の敷居周辺などの断熱処理を入念に行った。

それから台所とリビングを接続する為に穴の開いた床をを埋める。
e0276939_11392527.jpg

この境界部分は以前基礎を打つために床を抜き、
ジャッキアップする為に適当に切って穴を開けているので、
まずはきちんとした穴を開けなおす処理から行わないといけない。
疲れている上に調整が大変なので苛立つオイラ。
e0276939_11411641.jpg

鉄砲のホースと照明器具が絡んだと言ってはキレ、
ゲンノウが見つからないと言ってはキレ。
そんな追い詰められながも必死に戦うオイラを娘やママが応援してくれている。
すまんなキレキレモード全開で。
しかし、ようやく穴だらけの床も埋まり、
新旧で高さが違う床のレベル調整を行なった後ついに台所とリビングを接続。
e0276939_11434877.jpg

と、途端に娘とママは引っ越しを始めた。
納屋からソファーやテーブルを運んだり
e0276939_11445282.jpg

誰だよ!!いきなりゴロンと大の字になってるのは!!
e0276939_11452437.jpg

長い間待たせてしまったが、何とかリビングルームが使用可能になった。
ママは感動のあまり泣き出す始末。
e0276939_1146434.jpg

広さ15畳、天井高5mの広くて高いリビングルームは迫力満点。
e0276939_11454195.jpg

出来たてほやほやの床の清掃を済ませて
まずは乾杯!!
e0276939_11471019.jpg

バーボンがうめぇよ!!
それからラーメンや焼き芋で簡単な食事を取ったのは
午後11時を回ってからだった。
外壁はダイライト一枚、内壁も12mmの構造用合板のみの非断熱住宅だけど、
真っ赤に燃える炎を抱えたダッジウエストが何とも言えない暖かい空間を与えてくれている。
小さいのに凄いね。
手足腰はボロボロになったが、
ママが幸せだと連呼しているのを聞いていると
改めて我が家のリノベーションも新たな一歩を踏み出せたのだと実感した。
このまま勢いに乗ってお嬢の部屋や台所も仕上がるといいね!!
それにしても快適だな♪
頑張ったなオレ!!
ちょっとだけ偉いなオレ!!
2016年12月30日
クロガネマニア邸、第1リビングルーム供用開始です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

[PR]
by kurogane-mania | 2016-12-31 11:49 | 古民家リノベーション | Trackback | Comments(2)

結局根太作業が終わらず……

滅多な事では動じず、プレッシャーには強いはずのオイラなんだが、
今回の年内にリビングの供用を開始すると宣言してからと言うもの
毎朝4時に目が覚めるようになってしまった。
本人は気がついていないようだが相当精神的に追い詰められているようだ。
今朝も4時に目が覚め、トイレに行き尿検査を行ったら、いきなり蛋白がガッツリと反応して
本当に目が覚めた。
どうしたんだろう。バーボン飲んだって関係ないと思うんだがな。
本当に腎臓ダメなんかな。まぁいいか。
早起きしすぎると後半眠くなっていかんという事で無理やり布団に潜り込み
愛すべき黒猫ちゃんを抱きしめながら二度寝を決め込んだ。
次に目が覚めたのは7時。このぐらいに起きて活動するのが一番いい気がする。
まずは朝一番の食器の乾拭きを行い、コーヒーを入れてリビング(仮)へ。
焚き付けを用意して火をつけるが今朝は調子が悪く、持ち合わせの紙では足りなくなり、
現場に落ちていたjotoの基礎パッキンの解説書を丸めて燃やして事なきを得た。
薪ストーブが触媒燃焼温度に達し本体ダンパーを閉じたら台所へ行き朝食の準備。
昨晩の残り物のカツとカレーがあったので玄米にキャベツを大量に入れて
増量したベースにカレー、カツ、目玉焼きを乗せてスタミナカツカレー完成。
e0276939_2261523.jpg

こんなものを朝から食える自分が凄いと思うが、体重は日に日に落ちてゆく。
要はエナジーを入れても大工作業で食い尽くされて足りないほどだと言うことだな。
朝食を終えて現場に入ろうとするとママが職場の皆さんに焼き芋の差し入れをしたいから焼けと。
炉内が芋で一杯じゃねーかよ(汗)
e0276939_2210350.jpg

細いもので15分、太いものでも20分でホクホクで甘い焼き芋完成。
それをママに渡したら作業開始。
出勤前のママに激写されて思わず笑みが。
いやいや、この頃はまだ笑う余裕があるのよね。前半はね。
e0276939_22123964.jpg

作業自体は順調に進む。
折り返し部分まで作業が進んだので汚れきった現場の清掃作業に入る。
e0276939_221564.jpg

半端なく汚ねぇのが泣けてくる。
ホウキとチリトリで大まかなゴミを取り除いたら
集塵機&ダストデビューティーのスーパーコンビネーションで掃除機をかける。
e0276939_22163068.jpg

現場を掃除機で清掃するってのは何だか新鮮な感じがしてドキドキするね。
e0276939_2218445.jpg

大引が汚れないようにと養生しておいた段ボールも撤去。
e0276939_2220199.jpg

結局1時間半ほどかけて清掃完了。
e0276939_22201764.jpg

仮設ステージの上にスライドを組み後半戦の準備完了。
と、既に12時半を過ぎていたのでランチに。
お嬢も今日は家にいたのでカツ丼に。
e0276939_22213914.jpg

とにかく負けるなとのママからのメッセージが色濃く出てるね。
負けは許されませんと。勝つのみと。
30分ほどでランチを済ませて実家へ。
実家には銅コイル管が届いてるよと珍しく親父から電話があったのでね。
見て理由が分かった。
e0276939_22235849.jpg

デッケェンだよ。コイル管。
1m巻か……しかも1巻100m。強烈だね〜〜〜〜。
こいつは床暖房用の配管。
軽四に積んだら一杯一杯に(汗)
どんだけデカイか伝わるでしょ?
e0276939_2226206.jpg

もう置き場もないので、そのまま軽四の中に置いておくことにした。
これじゃあまるでゴミ屋敷じゃねぇかよ!!まっ仕方ねぇか。
と家に戻ろうとして車を走らせていたら、産業廃棄物建設反対のプラカードを体の両面に貼って
サンドイッチマンのようになった立地予定地の住民の方が雪の舞う中歩いていた。
自分が家の事だけで一杯一杯なのに彼らは故郷の為に楽しいはずの年末まで返上して活動している。
思わず泣いた。
要らねぇよ産廃は。
うつくしい事だけが取り柄のうちの町にはそんなもん要らない。
うつくしい海、うつくしい山、うつくしい故郷。
バカな政治家は意味不明な根拠のない説明を繰り返すが、
所詮高校もまともに出ていないカス議員たち。
自分たちが言ってる事が支離滅裂だと言う事が分からない。
だからバカ議員って言われるんだよ。カスどもが。
純粋に美しい故郷を未来に残したいって活動している地元民をまるでテロリスト扱い。
テロリストはお前らだよ!!と怒りは収まらない。

気がついたら自宅に着いていたので作業再開。
悲しい気持ちで作業していたら危険なのでスイッチを切り替える。
一心不乱にひたすら作業する。
ママにお歳暮の相談されたが、
申し訳ないがオレにはそんな事を考える気持ちの余裕はないので一任しますと答えて終了。
だが無情にも作業は手間取り
e0276939_22381845.jpg

午後8時を迎えた。
隣のオジちゃんが心配して見に来たのでそれをきっかけに本日閉店終了。
残〜〜念。
e0276939_2238170.jpg

あと1列で根太作りは完了だったんだけどなぁ〜〜
e0276939_2239149.jpg

31日はそば打ちで1日潰れるのでオレに残された時間はあと24時間。
マジか。
本当に間に合うのか?
全国1万人を超えるクロガネファンの皆さん(大嘘)の爆笑している姿が目に浮かぶよ。
大丈夫。
オレなら出来る。
大丈夫だって。
日本は神風の国なんだから!!
考えていたら恐ろしくなるのでさっさとワイン飲んで酔っ払って寝ることにしよう。
くそー!!
社長がニヤニヤしながらブログ読んでる姿が目に浮かぶぜ!!
まぁ見てろよ!!
明日は蛋白が検出されませんように!!
チャオ!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

[PR]
by kurogane-mania | 2016-12-29 22:43 | 古民家リノベーション | Trackback | Comments(0)

リビングルームの根太を取り付けよう

来年の正月は薪ストーブのある部屋で過ごします!!と宣言したのがご承知の通り。
しかし、酔っ払ったうちの社長が送ってきたメールが
「今年もありがとうございました もう数日でが一部屋完成祈ってます」
と応援してるのか心配してるのか笑ってるのか微妙な内容で笑えた。
やるよ社長。オレはやるよ。やらんとママにやられてしまう(笑)
ってな訳で師走の製材所へGO。
材料買って、カンナかけて自宅へ真っしぐら。
明日までやってるそうなので足りなくてもOK!!
e0276939_21521974.jpg

結構大工の棟梁らも慌ただしく材料を買いに来ていた。
年内納めの仕事に追われてるのかね。

さて現場に入りまずはリビングの現場清掃作業から。
e0276939_21534968.jpg

片付けは終わったがコンクリートの粉が舞ってて気分悪い。
なのでマキタの小型集塵機にサイクロン装置を装着してコンクリート粉を吸う。
e0276939_21555863.jpg

こんなのサイクロン装置じゃなかったら集塵機即死ですよ、マジで。
shige2さんありがとう。
本当に役に立ってますよ!!
あたりが暗くなる頃には準備も終わりN90斜めうち釘を準備。
e0276939_2157488.jpg

高圧ガンにセットしてバン、バン、バン。
あれ???おかしいぞ。
全然入んねぇぞ……
ダメ。ヒバ系最強と言われる材料なだけに全く歯が立たず
e0276939_21592316.jpg

無敵なヒバ君に敗北したのでした。
そこでWAKAIの90mmの強烈な構造用のコーススレッドをぶち込んでやったらすんなり入った。
どうだ!!参ったか!!とご機嫌に作業を続けるもタイムアウトで本日終了。

そして今朝。
朝一番にオレが目にしたのは雪が積もった材料だった。
e0276939_2221743.jpg

マジかよ。このタイミングで雪ってか。
道理で寒い訳だ。
と、薪ストーブの前に直行して焚き付け開始。
e0276939_223268.jpg

毎回違う表情を見せてくれる炎は本当にいつまで眺めていても見飽きないね。
と、自慢の大開口窓を見上げたらママの自慢のみかんの木にぼた雪が舞ってて
思わず自分の置かれている立場も忘れてしばし綺麗と眺めてしまった。
e0276939_2252766.jpg

ご飯を食べて作業現場のリビングが温まったら作業開始。
e0276939_2262993.jpg

迷わず、疑わずどんどん進もう。
測って、調整してどんどん根太を装着してゆく。
午後には材料を置く根太も準備できたので建材屋の社長さんに連絡。
すぐに持ってきてくれた。
e0276939_228348.jpg

購入したのは構造用合板の24mmサネ無し仕様の物。
あれ???クロガネ、オメェ杉板の無垢使うんじゃねぇのかよ!!と思ったあなたは正しい。
そうなんです。使わないんです。
ただ、2階には使うので、とりあえず春まではリビングの床材として仮利用しようというものです。
社長自らハンドルを握って配達してくれた建材屋の社長と来年の材料の打ち合わせなどをして
今年1年のお礼を伝えて、また来年お願いします!!と。
e0276939_227332.jpg

社長はプっとちょっと間の抜けたクラクションを鳴らして帰って行った。
それからは近所のKさんや、お客さんのS女史の襲撃を受け作業は中断。
お客様が戻ってから作業再開し、
お腹がぐーぐーなって初めて昼食を食べていないことに気がついた。
既に時計は午後4時を回っていたがママが用意してくれていたカレーを食べることに。
e0276939_2215190.jpg

キャベツで大幅に増量したカレーで大満足。
そして餅つきに行ってたうちの女子達が帰ってきた。
e0276939_221628100.jpg

早速現場検証開始する二人。
オイラはそのまま8時頃まで作業に没頭。
大引から落ちて弁慶をしこたま打って戦闘意欲が失せたので今日はここまで。
e0276939_22172981.jpg

構造用合板は載せてあるだけ。
ステージとして使いたいしね。
明日は断熱処理だぜ!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

[PR]
by kurogane-mania | 2016-12-28 22:19 | 古民家リノベーション | Trackback | Comments(2)

リビングの土台を入れる

昨日は仕事だったんだが、光の速さで終わらせて
隣町のケーキ屋さんで予約しておいたケーキを受け取り自宅へ戻る。
現場に入ったら迷わず土台の刻みを行いシバき入れる。
e0276939_823048.jpg

オラよっと、もう一本も。
e0276939_825988.jpg

ずんずん作業していたら宅急便屋さんが来た。
香川県の友人から鳥が送られてきた。
e0276939_83374.jpg

こりゃ豪華はクリスマスイブになりそうだぜ!!と。
ついでにママのテレビ台も届いた。
梱包を見て思わず吹いた。
e0276939_84291.jpg

何だこりゃ???って形だが、最近腐れリサイクルショップが愛用している
「くろねこ楽々引っ越しパック」の送料の1/5で送ってくれた。
梱包するのが面倒ならオークションに出品寸じゃねぇよカスが!!と
引っ越し便を使う奴は最初から相手にしない。
その点、今回のリサイクルショップはとても良心的だった。
送料は安い、消費税は落札価格に乗せない、サクラは使わないなど
いいんじゃねってお店だった。
もう一軒のリサイクルショップも良かった。
今回で2度目だがやっぱり安心できる。

んでまぁ時間が余ったので床下地材を大引に並べてママ呼んでみた。
e0276939_892621.jpg

予想通りサンバを踊りながら登場して下地板の上でクルクル回っていた。
e0276939_8101394.jpg

それからしばらく作業をして、冷たい空気が流れ込んでくるので
グラスウールなんかを隙間に詰め込んで
e0276939_8111380.jpg

作業をしていたが、ご飯よ〜と呼ばれ、クリスマスなので粘らず終了。
クリスマスディナーは友人Tの送ってくれたヒネドリと
e0276939_8122364.jpg

ママが焼いた何故か里芋の入ったグラタンに
e0276939_8125310.jpg

500円の安シャンパンで乾杯。
e0276939_817202.jpg

〆は5,000円もした我が家としてはリッチなケーキで。
e0276939_818694.jpg

染み渡る美味さ。
流石だねシェフ。素晴らしい!!
外でご馳走食べるのもいいけど自宅でチープに楽しむのもいいね♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

[PR]
by kurogane-mania | 2016-12-25 08:16 | 古民家リノベーション | Trackback | Comments(0)

お嬢部屋のFIX窓の設置

おととい届いたはいいが、エンドキャップが入っておらず意味をなさなかった煙突。
ようやくエンドキャップが到着。
e0276939_873647.jpg

すごく分厚くてお気に召したよ。
すぐにでも装着したいのだけど、薪ストーブユーザーの皆さんご存知の通り
一旦熱を蓄えた薪ストーブなんて触ろうと思う方が間違ってるので諦める。
e0276939_8909.jpg

T字曲がりまで断熱2重ってのがとってもオサレで宜しい。
e0276939_755674.jpg

なんつってもこの太い梁を交わしつつも、その梁の真下に薪ストーブを設置したいので
このような曲がり煙突が必要なのよね。
もう少し角度が浅くてもいいんだけどラインナップされていないので諦める。
届いたエンドキャップはストレート側の真下に装着されるので
煙突のメンテナンスが非常に楽になるので宜しいかと。
これまでのストレート1本状態に比べるとその部分だけは非常に向上すると思われ。
しかし、カントクに煙突や薪ストーブの移動なんてあとあと!!部屋が優先です!!
と一蹴されてオイラの妄想はここまで。

ならばとリノベーション作業を再開。
と空に虹が。
キレーと一気にテンションが上がるママ。
はい!!写真撮って!!と偉そうに指示。渋々従う奴隷のようなオイラ。
e0276939_8161686.jpg


さて窓の梱包開こうか。
e0276939_8201140.jpg

もう何年前に買ったのか覚えてもいないほどの窓。
デッドストックに近い状態だよ。
養生テープベタベタじゃねぇかよ!!
e0276939_8211921.jpg

吸盤取り付けて
e0276939_8214257.jpg

さぁ行くぞ!!
っておい!!カントク!!何そこで楽しそうにしてんだよ!!
邪魔だからどいて!!と言うと渋々退散。
e0276939_8224029.jpg

窓を土台に乗せて「はい持ってて」と言うと「えぇ〜〜!!」と改めて驚くカントク。
いや、君を呼んだのは眺めたり応援していただきたい訳ではなくて、
「手伝って欲しい」から呼んだのですよ。カントク。
とビビりながらも窓を持つカントク。
e0276939_8242271.jpg

オラァと窓を持ち上げて装着。
ってカントク、何で写真撮ってんの??左右の空き見てよ!!!!!!!
e0276939_8251541.jpg

ああじゃない、こうじゃないと場所を確認してから軽くインパクトでビス止め。
e0276939_826340.jpg

根こそぎ捻じ込むと、いとも簡単に掛かりがなくなるので、
あくまでも8分目ほどで止めてあとは手で締め込む。
e0276939_8272189.jpg

最新のインパクトだとトルクコントロールや打撃回数を指定出来るのでそのまま打てるようだけど
我が家のインパクトのような原始的なモデルではそれは無理なのでね。
最新18Vインパクト欲しいけど、そんな余裕はない。
で、呆気なく装着完了。
e0276939_8291619.jpg

カントクを撮ってあげようかと思ったら、ママのお宝のみかんが写り込んでNG。
ちょっと引いてみたらOK。
e0276939_830162.jpg

満足そうなカントク。
この後すぐにお嬢を呼びに消えていった。
さて、本日は半日しか時間がないから作業を急ごう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

[PR]
by kurogane-mania | 2016-12-24 08:31 | 古民家リノベーション | Trackback | Comments(0)

お正月へ向けてリノベーション全開

ママの大胆なアイデアで年内に第一リビングを仮完成させて
春まで過ごす事になったのは前回までの話。
まずは24mmの構造用合板から杉の1寸材=30mmへ変更になった事に伴い
これまで準備していた根太の厚みも変更になった。
落とすのは2分=6mm。
大した事ないと思うけど結構あるね。
自宅の小さな自動カンナでは大変なので何時もの製材所へ持ち込む。
e0276939_23244936.jpg

途中でいつも色々と教えていただいている工務店の社長が登場。
作業を手伝ってくれた。
e0276939_2326611.jpg

社長、いつもありがとうございます。勉強になります。
そして自宅へ戻ると荷物が届いていた。
e0276939_2327110.jpg

中身は
e0276939_23272611.jpg

45度のT字断熱煙突と45度の断熱エルボ。
結構作りもいいな。
e0276939_2329558.jpg

だがエンドキャップが入ってなくて使えない(汗)
代理店に連絡して送って貰うことに。
この日はここまで。

翌朝は早朝4時に目覚めた。
朝一番のウエイトチェック。
e0276939_23391955.jpg

おお!遂に第一目標の75kgを切った。
嬉しいな♪
それからまだ暗いリビングへ滑り込み
ダッジウエストに焚き付けの小枝を積んでフロントドアを少し開いて待つ事5分。
ボウっと音と共に目覚めた。
ストーブの温度は100度。
メラメラと立ち上がった炎は地獄の業火の如く。
e0276939_23344628.jpg

煙突からはモクモクと煙が
e0276939_23352384.jpg

うーん。朝焼けが綺麗だ。
e0276939_23355776.jpg

1時間ほどで200度に達し外に出て煙突を眺めると
e0276939_23365746.jpg

ゆらゆらと陽炎が見えるだけ。
完全にクリーンな排気に。
素晴らしいね。
それから我が家に害をもたらせ続けていた雨樋を軽く装着。
取り敢えずこれで2階からの雨だれによる跳ねの害からは解放された。
9時にKさんと約束していたのに少し遅くなったらKさんがバイクで現れた。
「何しとるんや!!行くぞ!!」と。
申し訳ないです。すぐ行きます!!ってんでキャン太に飛び乗って迎えに行った。
それから向かったのは製材所。
ママの夢を叶えるために必要な材料をオーダーしてあったのでね。
4寸×8寸×2間の桁材と5寸×8寸×2間の材料。
だが、2間の長さのまま使う訳ではなく精々が1間なので切ろうとしていたら
社長が馬鹿でかいスチールのチェーンソー持参で登場。
e0276939_2348503.jpg

1間でいいなら最初からそう言え!!と笑顔で豪快にぶった斬る。
ほんと豪快な社長だね。
それからKさんと汗だくになりながら材料を整えて作業完了。
半日の作業で体はボロボロ。
80歳を超えたKさんは何故か元気。
e0276939_2353507.jpg

Kさんを自宅で降ろし自分の自宅で材料を一人降ろす。
e0276939_23555185.jpg

重いなんてもんじゃないが、ママの夢のため必死になって雨の中降ろした。
ダイニングが材料でパンパンになった。
スゲェ量だな。
e0276939_2356468.jpg

ちょうどお昼になったのでママとランチを食べてから作業再開。
と、Kさんが登場。
何だ、一人で降ろしたのかと拍子抜けした感じ。
でもその後、足場の解体や荷物の移動を手伝ってくれた。
e0276939_23572425.jpg

無事カントクに返り咲いたママもお手伝い。
それから封鎖していた現在の台所との隔壁を撤去。
e0276939_2359349.jpg

縁の下に潜り込んで根太を仮支えする準備をする。
e0276939_002489.jpg

狭いしカビ臭いし最悪。
ジャッキで持ち上げたらチェーンソーで根太をぶった切る。
e0276939_021027.jpg

一度基礎を切ったらしく火花が出た。ソーチェーン大丈夫かな。
それから土台もぶった斬る。
e0276939_031125.jpg

ここまできたら何だか急にガス欠になり本日閉店終了。

それから薪ストーブ遊び再開。
e0276939_055087.jpg

いいねぇ〜いいねぇ〜。
あったかいし。
今日は、煙突のダンパー全閉にしてエアーも絞りきってじっくり燃やしてみた。
さすがは触媒機。
絞りきった状態でもゆっくりじっくり燃えてくれる。
温度も270〜280度をキープ。
薪2本で1時間以上燃えてくれる。
こりゃいいわ。
うちの煙突はホンマ製作所の断熱二重煙突が6mプラスシングルが2mの合計8mのストレート。
e0276939_0113699.jpg

引きがいいなんてもんじゃない。
煙突が温まった状態だと煙突ダンパー半分閉じてるのが標準スタイル。
ドラフトが弱いのも困るが強すぎるもの困るねぇ(汗)
明日は半日仕事。
後半はまた猛烈な勢いで大工作業よ!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

[PR]
by kurogane-mania | 2016-12-23 00:12 | 古民家リノベーション | Trackback | Comments(2)

薪ストーブを設置

急に寒くなってきて現場での作業が辛くなってきたこの頃。
ママが薪ストーブ使えば?と提案してきた。
最終的な炉台の高さは分かっているもののコンクリートで出来たベースは
最終的な高さに達していないため設置は考えていなかった。
現場寒いじゃない。使えばいいじゃん。
そんなママの声に背中を押されて導入する事に決めた。
まずはリノベーション素材の山に埋め尽くされたガレージに向かい取り出す。
e0276939_8213675.jpg

思えば縁あってこの薪ストーブが我が家に来てから既に3〜4年が経過していた。
何度こうやって出し入れしたかなぁ〜と思いながらキャン太で吊りあげる。
e0276939_8231176.jpg

台車に乗っている状態でも重くて移動するのが精一杯って感じなのだけど
キャン太は何事もなかったように軽く吊り上げてしまう。
本当、頼りになる相棒だよ。
それから現場の自宅横に着けて
e0276939_825177.jpg

ブームを伸ばして自宅基礎の上までサクっと入れてしまう。
e0276939_8261576.jpg

到着〜〜〜
e0276939_8263531.jpg

ここまではマジ楽勝。鼻歌交じりの作業だよ。
室内にクサビ足場を組んでチェーンブロックとパイプトロリーでガーッと横移動。
e0276939_8281366.jpg

炉台の高さに合わせて筋交い材の半端材を渡して一旦仮置きして
ここからは足場板にぶら下げて移動させる。
e0276939_8323195.jpg

本人はとっても真剣にやってる。
なんつっても200kgオーバーの薪ストーブが降ってきたら大怪我じゃ済まないかもしれないしね。
e0276939_8335112.jpg

一回の移動距離は30cmほど。
そろりそろりと移動してゆく。
案外あっさりと炉台まで到着。
e0276939_8351067.jpg

足場の移動をしていたら撤去予定のプリント合板の天井板に邪魔されて動けなくなったので
ジタバタしていたら大開口側のクサビが外れて足場ポールが窓に向かってガッシャーン!!と倒れた。
またガラス割ったか!!!とそのスローモーションのような様子を眺めていたが、
幸い10cmほど届かずセーフ!!
こりゃ一人じゃダメだな。とママが帰ってくるのを待つ。
足場ポールを持って立ち尽くすオイラの哀れさったらない。
ダサいわマジで。
でママが帰ってきたので支えてもらって足場を組み直す。
それから天井板の撤去を始める。
e0276939_8393020.jpg

鼻の穴が真っ黒になるまで頑張ったのでこの日はここまで。

翌朝、外は雨だった。
e0276939_84247.jpg

昨日のうちに薪ストーブの移動しておいて良かった。
雨の中じゃ動かしたくないもんね。
まずは薪ストーブのオーバーホールから。
天板を外して
e0276939_8413494.jpg

耐熱材で出来た触媒ケースを取り外して
e0276939_8451383.jpg

触媒本体を取り出す。
e0276939_8431771.jpg

状態は最高。新品と変わんないじゃん。
触媒用のエアー口周りも軽くブラッシングしてから
トップ周りも軽くブラシで掃除。
天板裏も軽く掃除する。
e0276939_846654.jpg

ビフォー
e0276939_8462995.jpg

アフター
淡々と作業は進み小一時間ほどでオーバーホール作業は完了。
e0276939_84825100.jpg


それから封印していた煙突の接続口の養生テープを外した。
そしたら塊になったススが溢れ落ちてきた。
綺麗にした薪ストーブも炉台もマックロクロスケに占領されてしまった。
それでもめげずに煙突のブラシ掛けをして接続完了。
さぁ火入れするか!!
e0276939_8514439.jpg

焚き付け用の端材は現場から。
細薪は納屋の横から持ってきて点火!!
e0276939_8524167.jpg

久しぶりに煙を吐く我が家。
e0276939_8534037.jpg

あぁ……懐かしい。
呆気なく炎は立ち上がり
e0276939_85497.jpg

すぐに安定燃焼開始。
マジか。
こんなに使いやすいのか……
燃やし始めて1時間ほどしてから2階へ上がったら鬼のように暑かった!!
e0276939_8564046.jpg

薪ストーブのある風景はいいねぇ。
e0276939_8565524.jpg

さてと、残る天井も剝ぐべ!!
e0276939_8572960.jpg

作業しては炎を眺め
e0276939_8575764.jpg

うっとりとしては作業をして。
あったけーと嬉しくて嬉しくて。
本当に幸せな気分。
薪ストーブの表面温度も250度超え。
e0276939_911864.jpg

以前使ってた薪ストーブは200度を超えたのは数回のみ。
あとは150度前後をウロウロ。
ダメだったな〜〜
それに比べたらこのダッジウエストFA265は本当に使いやすいし
コントロールも容易。
触媒機は面倒って話もあるけどオイラは気に入ったな。
最高。暖かいってのは何にも代えがたい合格条件なんだよね。

この日は天井材の撤去作業の続きを行い、薪場に天井材を運び燃やして処理。
何気にTちゃんのZ農園を覗くと、植えられたキャベツが巻いていた!!
e0276939_8585588.jpg

すげー!!キャベツになってるよ!!

それから3〜4回自宅と薪場を往復して処理完了。
いよいよ我が家の梁が露わに。
e0276939_8595738.jpg

ご機嫌だったのでママとお嬢と三人で隣町の中華屋へ。
e0276939_96247.jpg

オイラは麻婆ラーメン。
e0276939_965493.jpg

気がついたら汁が1滴も残ってなかった(汗)
e0276939_974443.jpg

何と勢いに乗ったママはこのリビングでお正月迎えたい!!と大胆な事を言い出した。
そうだね。
何とかしようか。
と今年もあと10日しかないのに大胆なアイデアを受け入れる
これまた大胆なオイラでした(笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

[PR]
by kurogane-mania | 2016-12-21 09:09 | 古民家リノベーション | Trackback | Comments(10)


軽井沢ストーブとも呼ばれる鐵音工房の薪ストーブとの日常


by kurogane-mania

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
鐵音ストーブの事
金森ストーブ
FA265に関して
薪について
チェーンソー
薪割り機

煙突
林内運搬車
木材水分計
自家菜園
工具の話
古民家リノベーション
蕎麦
田舎ぐらし
船と釣り
バイクの事
健康とダイエット
雑記
未分類

お気に入りブログ

自力施業型小規模森林所有...

最新のコメント

味噌造りいいですねぇ ..
by naka at 22:47
素人大工さんのところも手..
by kurogane-mania at 07:12
我が家は女房主導で毎年自..
by 素人大工 at 21:34
okuさん、turkの鍋..
by kurogane-mania at 20:44
これいいなあ。素敵だなあ。
by oku3so16 at 12:32

リンク(一方的に)

ライフログ

記事ランキング

ブログジャンル

住まいとくらし

画像一覧