カテゴリ:古民家リノベーション( 262 )

外壁材到着

こんなに悩んでるんだったらまだ発注すべきじゃなかったんじゃねーの?
と思いながら迎えた朝。
あ〜〜〜やっぱり焼杉もいいな〜と思い悩む。
恐る恐る製材所に電話すると「あと数枚で仕上がるよ〜」と。
はい。了解しました。ヒノキアスナロで確定です。
んで、ブオーンとキャン太で引き取りに向かった。
製材所の正面に置かれた巨大な塊がオイラの材料だった。
うわ〜〜何だかやっちまってる感が半端ないな(大汗)
巨大な外壁材の塊をフォークリフトで積んでもらう。
e0276939_04193181.jpg
しかし何ちゅうはみ出し方なのさ(汗)
落とすとまずいので、ゆっくりと現場(自宅)に向かう。
到着〜
e0276939_04195619.jpg
外壁材の置き場はここしかねーべさ。
e0276939_04194286.jpg
挽いたばかりの生木の材料なので3ヶ月ほどは雨風に晒して乾燥させたいもの。
その乾燥場所に選んだのはここ↑
雨どいの金具にロープかけて固定しようとの算段。
早速作業開始。
e0276939_04202253.jpg
1スパン毎に縄で括って固定する。
相当あるなこれ。
あたりにはヒノキ系木材のとってもいい香りが漂ってる。
e0276939_04201214.jpg
小一時間ほどかけて作業終了。
俺は材木問屋か!!って量になった。
社長、計算合ってますか???(汗)
ちょうどお昼になったので久しぶりにママとトンテキを食らう。
e0276939_04203362.jpg
うまいな〜デブになっても構わないって味わい。
午後からは畑に放置されていた桐の木を積んで友人のお家へ。
俺は桐は燃やさないけどいる?って聞いたら欲しいと言うので差し上げに行ったのよ。
彼女はお礼にと手作りの饅頭を持たせてくれた。
e0276939_04303621.jpg
とっても丁寧に作られてるお饅頭。彼女の性格そのままの繊細な味わい。
ありがとね〜!
んでついでに友人の田んぼの視察。
e0276939_04212158.jpg
おー、やってるやってる!!
この小さな機械で東京ドーム数個分の田んぼを管理してる。
しかも無農薬。無肥料。
拘りの塊のような一人農家。
彼はレジェンド。
心から尊敬する友人の一人。
頼むから体は壊さないでね!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

[PR]
by kurogane-mania | 2017-05-25 04:35 | 古民家リノベーション | Trackback | Comments(2)

ポンポン丸の修理完了、そしてリノベーション再開

昨日は朝一番にポンポン丸の置いてあるマリーナへ行き前日解明した謎解きを実践。
まずはエンジンルームに入り込む。
そして懸案の箇所を確認する。
e0276939_05243846.jpg
このセルモーターとエンジンアースによってこのエンジンには電力が供給される。
バッテリー側から来ている2本の太い配線を入れ替える。
プラスと思わしき側にはしっかりと赤いビニールテープが巻かれている。
その極性表示用のビニールテープも撤去して接続。
そしてバッテリー側も極性を入れ替えた。
e0276939_05245062.jpg
ここでオイラはまた理解してしまった。
このバカビルダーは配線をする際に予めケーブルに極性表示用のビニールテープを
巻いておいたのではなく、通してあったケーブルに極性表示用のテープを巻いた際に
逆相につけてしまったのでした。
つまりバッテリー側では赤い表示(プラス)だが、その終端では黒、
そしてもう一方も黒に赤の組み合わせで。
だから混乱して最終的には意味不明なマイナスカットになってたんだろうね。
頭悪すぎるだろテメェ!!と船の中で小声で吠えた。
結果を確認するためにカットスイッチを入れてエンジン計器板を確認。
通電OK(当たり前だ)。そしてセルを軽押しして動作を確認OK。
それからスイッチがわりになってるブレーカーの配線の再配置。
e0276939_05251776.jpg
ウインチも正しい相に合わせ直す。
魚探なんかは一見正しい接続に見えるが、こいつは途中繋いだ配線で

相の入れ替えを行う姑息な手で誤魔化されていた。
何でこういうことをしてはいけないかと言うと、
もし沖で何か電気系のトラブルが発生した時にただでさえ混乱している状況の中で
いちいち相を入れ替えて考えたりするだけで新たなトラブルの原因になるから。
スッキリきちんと通常の流れで配線されていればスムーズに確認も出来るし
原因究明も素早く出来ると言うもの。
この船のビルダーはその点は0点だね。赤点どころの話じゃない。
一発退場に近い致命的なミスを犯している。良かったわ今回きちんと見直せて。
それからコクピット裏の意味不明スイッチ群を確認。
e0276939_05253950.jpg
テスターで追うまでもなく、目視で確認しながら不要パーツを外すと
e0276939_05254920.jpg
こうなった。
あのなぁ……
要らなくなった時点で廃棄しておけよ。
こんなんもトラブルの際に無用に疑い時間の無駄を発生させる要因になる箇所。
見えている3本のケーブルのみが重要。
左からセルモーターのマグネチックスイッチへ行く配線(重要)
エンジンストップ用のケーブル、エンジンのメインハーネス(重要)
以上。
あと、動かないワイパーや不要パーツの撤去を済ませてランチに家に戻った。
ポンポン丸の総点検はほぼ終了。あとは魚探の振動子に不凍液入れたりすれば完成かな。

で夏のような暑さだったので冷やしラーメンを食い
フットマッサージャーで極楽気分を味わっていたら宅急便が。
ママがニヤニヤしながら「防水シート届いたよ」と
何だよ狙ったようなタイミングで届くね(汗)
ならばと現場に持ち上げてリノベーション再開。
e0276939_05260156.jpg
封印してあったベニアを
e0276939_05262268.jpg
解放!!
e0276939_05263248.jpg
こんな小さな窓でもやっぱ違うね。明るいわ。
そして防止シートを切り出し、ママを呼んでサッシを窓枠に乗せたら
「ちょっと持ってて」と渡す。今回は軽いので悲鳴はナシ。
で足場に回ろうとしつつ振り返ると
e0276939_05513497.jpg
アフリカあたりの国の人みたいに頭で支えていた。
本人曰く「だって重いんだもん」だそうです。
で、外から足場に回りサッシを受け取る。
e0276939_05514525.jpg
オレに手渡したらもうママは余裕な感じで。
防水シートを貼ってたら決めポーズで登場したり。
e0276939_05515317.jpg
サッシ入れて固定してたら
e0276939_05520010.jpg
タオル持って来てくれたはいいが、どうやって窓開けるの?
ハンドルまだ付いてないよ(笑)
窓を固定して防水テープ巻いたら室内へ。
e0276939_05521264.jpg
おー窓だよ窓。っていい感じだな。
ここはお嬢様のパントリーつーかウォークインクローゼットと言うか衣装部屋。
6畳もあるやん!!広っ!!
で、先日プシューってしておいた美味しそうなウレタンをカットして
e0276939_05522896.jpg
壁下地作りを始めた。
断熱材の仕様が決まったからこそ進めるようになった作業。
ありがい。
e0276939_05524560.jpg
室内側は柱基準で合わせてしまい外壁の間柱とかとのレベルが全く一致しないので
そーっと分からないようなレベルで誤魔化しながら壁を作る。
左右で5分(15mm)も違うのでその中間の3分程度で許していただこう。
このぐらいの差ならまだ誤魔化せるが、
さすがに5分は見た目にも「違う!」ってバレてしまうので。
外壁から追ってゆけばこんな事にはならなかったのだけどね。まぁ仕方ないべ。
大工さんらはこう言う誤魔化しは本当に上手。うまく収めるよホント。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

[PR]
by kurogane-mania | 2017-05-21 06:04 | 古民家リノベーション | Trackback | Comments(2)

南側の外壁下地完成

ニャンコ様たちが「オトン寒いぞ!!」と訴えるので薪ストーブに点火するも
バックパフ連発で燃えない。
うーん。またか。と天板外して触媒点検すると詰まってた。
2ヶ月に1度の割合で使用不能になると言うのは相当オイラの使い方が悪いのだなと
さすがに何の言い訳もする気がしなくなってきた。
何がどうなのかよく分からんがよく詰まる。
薪は完全乾燥薪。
まぁ炊き方が悪いんだろうと思うのが一番手っ取り早いので放置。
詰まったら掃除。これでいい。
恥ずかしいので撮影NGな方向で。

お嬢様が「おとん、ひげ切った方がいいよ。ハゲも目立つよ」と絶賛するので
実家近くのバーバーへ。
約1時間で完成。
e0276939_05481293.jpg
正面から見るとそうでもないが裏面は
e0276939_05530080.jpg
もうそろそろ五分刈りにした方が良いかも知れんと思うほど。
これだけはDNAの定めなので虚しい抵抗はしない。
ハゲ散らかした親父の姿を見てると俺もああなるんだなと覚悟は出来てるからね。
もう若いオネイチャンに声かけても変態だと思われるのが関の山だから大人しくハゲよう。

頭もスッキリしたので原木の整理をやってらた建材屋さんがダイライト持ってきてくれた。
早いね!!
で、早速切り出して
e0276939_05484942.jpg
お一人様で持ち上げて
バンバンバン
e0276939_05490270.jpg
どんなもんだい!!と一人足場の上で得意げになってた。
e0276939_05491139.jpg
イイネイイネ!!これで大風も何も怖くねぇぞ。
吹くなら吹けや!!
それから仕事をしたりウォーキングをしたりしてこの日は終了。
夜、ママとお嬢がキンカンフェチなオイラの為にミニキンカンを買ってきてくれた。
e0276939_05492686.jpg
こいつぁ小さくていいね。カバンの中に入れてても邪魔にならないのがいい。

P.S 半径1m以内に入る熱烈な読者様から大きさが分からんとの指摘を受けたので
e0276939_06461061.jpg
可愛いでしょ?
カントク、これで宜しいでしょうか?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

[PR]
by kurogane-mania | 2017-05-10 06:02 | 古民家リノベーション | Trackback | Comments(4)

カントク大活躍

連休最終日、最近バカみたいに早起きするオイラ。
やっぱジジイになりつつあるんだなと実感。
サクっとブログを書いてから畑に向かった。
目の前に広がったのは広大な雑草の原野だった。
e0276939_05582972.jpg
このまま放置しようもんなら農業委員会の皆さんが血相変えてすっ飛んでくる事は必死。
でも日中は仕事やリノベーションが忙しいし、夕方はウォーキングしなきゃいけないし
で、選んだのが早朝活動。
これなら時間の効率がいいや!!と早速作業開始。
作業中にギョウジャニンニクらしきエリアに遭遇。
e0276939_05584988.jpg
そう言えば去年もギョウジャニンニク発見とか言って喜んでたなぁと。
もう少し早かったら収穫したのにな。
どんどん増えてる♪イイネイイネ!!
e0276939_05583895.jpg
ちょいと一枚拝借してかじってみる。
e0276939_05590189.jpg
オッケー!!紛れもなくギョウジャニンニクだね。
ばーちゃんが植えたって言ってたもんな。
不思議だね、人間はいなくなっても植物は残るんだから。
予定の2時間より1時間近く余計に活動して自宅に戻る。
裏山を狩ってたら台湾の廃品回収のオネイチャンが登場して
「オクサンヤサシイダカラ」とか定番の意味不明発言をする。
中国の方?と聞くと「タイワンデス」と言うので、んならOK。
なんか探してあげるよ。と
でもね、彼らは既に目をつけていたんだな。
プリウスの純正アルミホイルを。
「ワタシタチオカネハライマスウッテクダサイ」と畳み掛ける。
いや……
これ使おうと思ってたんだけどな。
「オニイサン、コッチハキレイダカラツカウイイネ、コッチハモウダメネ」と
勝手に商品価値の判定まで終了。
はいはい、いいよ持ってっていいよ。とあっさり根負け。
台湾の人たちは好きだから仕方ない(笑)
いただいた1200円をママに手渡して大工作業に入る。
e0276939_05592254.jpg
ここ、窓にすれば明るいしいいよ!!と訴えていたんだけどカントクに「却下」と
事も無げに却下され、それでも最後まで粘って埋めなかった箇所。
「ハヤクウメナサイ」と台湾人化した監督が下から偉そうに指示する。
e0276939_05595855.jpg
分かったよ埋めりゃいいんだろ埋めりゃよ!!
e0276939_05594884.jpg
とカントクに聞こえないように小声で反抗しながら作業。
あ〜〜ぁ。埋まっちゃったよ。
e0276939_05593493.jpg
ちぇっ。ツマンネ。
それから更に監督がお昼どうすんの?と言うのでウドのカルボナーラに決まっておる。
と言うとウドなんてどこにあんの?とか意味不明な事言うので
デートすんぞ!!と呼んでヴェスパで畑まで二人でお出かけ。
あれだよ、ローマの休日の劣化バージョンみたいな感じでね。
「あんまりくっつくな!!」「だって怖いんだもん(大嘘)」と
ギャーギャー騒ぐアホな中年夫婦。
近所ではとても仲良し夫婦として通ってるはず!!多分!!
で、自分たちの畑のウドを収穫して自宅に戻り調理。
e0276939_06002571.jpg
若干アクを抜いたウドとカルボナーラの風味がたまらん。最高だわ。
レシピ必要な方は直メールください(笑)

ランチしてたらママが「なんか手伝う事ないの?」と仰る。
いや、マジ午後からはダイライト丸々1枚揚げるから手伝って。
「マジか……」とママは怯んでいた。
そりゃそうだ。このパワー自慢のオイラが手伝えなんてそう滅多に言わないもんね。
そしてそのバカみたいに重いダイライトを引っ張り出した。
e0276939_06200046.jpg
ダイタイトは長さ10尺なんだが、今回は9尺8寸が切り出し寸法。
ほぼ丸々使うんだな。これを一人で上げるかと思うと憂鬱だったが
幸いカントクもやる気なので助かった。
で、さっさと切り出して「やるぞー」と呼ぶと
「えぇっもう?」と焦って出てきた。
下手に気持ちの準備はしないほうが物事は上手くいくからね。
はいはい運ぶよ。
おっ二人だと軽いねぇ〜〜
e0276939_06201891.jpg
手離すからちょっと持ってろとカントク側に荷重がかかった状態で手を離したら
予想通り焦ってるのを眺めて喜ぶオイラ。
それから例の足場の隙間すり抜け作業を二人で行う。
e0276939_06204207.jpg
これも二人でやると楽だねぇ。
で、引き上げ現場に到着。
e0276939_06202881.jpg
うわー遠いな。
とオイラは足場の2段目に乗り、ママは下から持ち上げてもらう算段に。
足場板をギリギリまで寄せて仮置き出来る体制も確保。
「いくぞー」
珍しく静かな現場。
カントク真剣すぎて叫び声も出ないのか?(笑)
あっさりと2段目まで上ったので次はカントクに3段目の足場に移動してもらう。
e0276939_06205352.jpg
準備は良いですかね?
ホイ。
e0276939_06212387.jpg
おーっ上がった上がった。
いいねぇ。そのまま持ってろ。
「えーなんでここで写真なんて撮り始めるの?意味わかんない!!」と
カントクらしいギャーギャー感が出てきたのでもう一枚。
e0276939_06211013.jpg
こないだまで足場から戻れないとか言って泣いてた人間とは思えないね。
やっぱ人間ヤル気になれば何でも出来るもんだと。
カントクはまるで一人で乗り切ったの如くご機嫌。
e0276939_06213829.jpg
で、調子に乗って色々触ってたら朝施工したばかりの根太ボンド触って泣いてた(笑)
e0276939_06214888.jpg
それから室内側に移動したカントクは
e0276939_06215818.jpg
どう?素敵でしょ?ってどう言う事?そんなにその窓低かったっけ???
で、ダイライトの在庫を切らしてしまい最後の1枚を残し作業終了。
e0276939_06370512.jpg
くそー。悔しいぜ。
仕方がないので旧壁材の廃材を片付ける。
e0276939_06372683.jpg
ウォーキングを済ませて夕食も済ませうたた寝してたらジャジャーン!!
e0276939_06374116.jpg
ママが頑張ってるパパにとシュークリームを焼いてくれました。
すげーなママ。売ってるのと変わらんよ。
いただきまーす!!
e0276939_06375319.jpg
と何か足りない。
「ママ、ラム酒入れた?」
「入れてないよ。だってあのオッサンみたいで嫌だから」
って嫌いな変態パテシエがラム酒を効かせたシュークリームを売ってたのが
嫌いで嫌いで仕方ないらしく入れなかったと。
アホか!!シュークリームと言えばラム酒とバニラビーンズが決めてだろ!!
ラム酒もってこいラム酒!!とシュークリームの蓋を開けて投入。
そうそう。これこれ。
うめーぞ!!と3個も一気喰い。
この人何のために歩いてるんだろうとかの質問は一切拒否します。
ママまじすげーな。
パテシエとか名乗ってクソマズイケーキした作れねぇカスシエより全然すげーわ。
GW最終日は朝から晩まで大活躍のママ(カントク)でした。
ママお疲れー!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

[PR]
by kurogane-mania | 2017-05-08 06:46 | 古民家リノベーション | Trackback | Comments(0)

雨の土曜日

天気予報通り連休最後の土曜日は雨だった。
雨か〜〜憂鬱だな〜〜と思いながら現場に入ると
ソッコーでカントクが登場した。
e0276939_04545548.jpg
「今日は何すんの?」とお尋ねになるので
うーん、今日は雨だしねぇ。
室内側の作業かな。と伝えると「ふーん」とか言いながら消えて行った。
オイラは久しぶりに刻み作業を行う。
e0276939_04553196.jpg
と、何だか視線を感じるので見るとトラチャン(猫)を抱えてストーカー的な視線を送るカントクがいた。
構うと面倒なので無視して作業を続ける。
何だかほんと刻むの久しぶりなのでとっても新鮮な感じで。
訳の分からないぐにゃぐにゃに曲がった柱の不陸調整と違ってネガティブ要素がないのがいい。
イライラしないし(笑)
鼻歌を歌いながら仕上げて持ち上がる。
e0276939_04554982.jpg
こう言っちゃ何だが杉ってのは本当に軽い材料だね。
密度も低いし。こんなんで家が保てるんだから大したもんだわ。
と、所定位置につけてガンガンガン。
e0276939_04560106.jpg
はいOKですよ〜。
火打梁を打とうかと思ったんだけど、剛床構造だと省略してもOKって言うので
そのまま剛床用の根太というか桁と言うか梁というかを刻んで
e0276939_04562191.jpg
ガンガンガン。
OK。
うちのはハイブリッド剛床なので、ここに更に根太が入る入念さ。
根太床と剛床のいいとこ取りか!!
とここでお昼に。
カントクに「ママの美味しいスパゲッティ食べたいな〜」とリクエストしておいた。
出来たよ〜と呼ぶので「第2リビングに持ってこいやー!!」と吠えるが無視されたので
渋々降りて行ったら上で食べる準備してた。
何だよ、返事してくれりゃ降りてこなかったのに。
何で第2リビングで食べたかったかと言うと
e0276939_04584414.jpg
これだよ、これ。
新緑の裏山の緑を愛でながらランチしたかったんだよね〜〜。
キリンのゼロイチと一緒にランチを楽しんだ後は
e0276939_04590130.jpg
ママの特製プリン。
e0276939_04591963.jpg
コーヒーのロールケーキ。
どっちもそんじょそこらのお店には負けないレベル。
最近がっかりするお店が多いのは気のせいかな?
お嬢にはオトンの誕生日にはシュークリームを100個ほど作りなさい。
材料費はもちろんオトンが提供しますよ!!と伝えてあるが
誕生日から3ヶ月ほど経過した現在も彼女が作る気配は感じられない。
バカだな。もうじき修学旅行だろ。オトンのお小遣い査定変わるぞマジで!!(笑)
そういえば子どもの頃、お菓子作りに凝り始めた妹にシュークリーム作って!!とせがんで
本当に100個作ってもらった事があったのを思い出した。
最初は皮も硬くて不味かったのだけど、回を重ねるごとに上達して
最後の方になるとフワッとした美味しいシュークリームが作れるようになってた。
今はお菓子作りとかしてんのかな。
あのセワシナイ甥っ子がいるから無理かな。
でもねぇ、家でママたちが作る手作りのお菓子ってのは本当にいいよ。
味に愛情が込もってる。
お店の人たちが入れることの出来ない隠し味だね。

とおやつも終えて午後の部スタート。
ちょうど雨も止んできたので外壁の部開店です。
e0276939_05002199.jpg
午後からは間柱と間柱の間の抜けている箇所の埋木や
筋交いを取り付ける。
e0276939_05213810.jpg
ここを
e0276939_05215474.jpg
欠き込んで
e0276939_05220397.jpg
ガン!!となかなかの収まり。
いいね〜。
とお茶を取りに1階に降りてゆくと
生活感満載の第1リビングで娘のジバニャン毛布にくるまって
ニャンコを撫でながらテレビを点けてうたた寝しているママがいた。
e0276939_05221956.jpg
何だか平和だねぇ〜。
とオイラは上に戻り作業続行。
この箇所は家の隅部分なので筋交いもダブルで入れる。
e0276939_05223005.jpg
採寸、刻み完了。
e0276939_05224397.jpg
これもいい精度で入った。
ここで更に金具で固定。
金具の装着の際に、そう言えばと思い出したんだけど
先日購入したマキタの18Vインパクト。
素晴らしい活躍ぶりで100点満点を与えたい感じです。
何と言っても電池の持ちがいい。
一日作業してても残量があるほど。
そして打撃力の切り替えでとても使い勝手が良くなる事が判明した。
通常使用では打撃力は中でOK。
e0276939_05230086.jpg
だけど、金具の固定ボルトなんかの強者系のボルトには強レンジを使うと非常に塩梅が良い。
e0276939_05232765.jpg
通常使用時には最強にしているとパワーがありすぎて逆に使いづらい程なのだけどね。
e0276939_05233808.jpg
後、日中なんかは別に手元ライトは必要ないので消しておけるのもいい。
暗がりでの作業以外いらないしね手元ライト。
と、まぁ18時には作業終了。
e0276939_05235565.jpg
閉店ガラガラでございます。
夜は盛岡に住む遠縁の親戚が毎年送ってくれているイクラでイクラ丼。
e0276939_05383075.jpg
う〜〜ヤベェ。白米がうまい!!
イクラも美味い!!
どっちも糖尿病の敵なのに!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

[PR]
by kurogane-mania | 2017-05-07 05:40 | 古民家リノベーション | Trackback | Comments(0)

GW三連休最終日

GWが始まった今週はやはり異常に忙しかった。
昨日は午後2時から現場入り。
疲労が蓄積しているのが足元のよたり方で実感する。
5時頃には睡魔に襲われて休憩しているフリをして実は目を閉じていた。
もはや体は限界のようで(汗)
考えてみたらこの日の朝は4時から活動していたんだった。
そんな疲労困憊モードの中ダイライトを切って持ち上がって移動させている最中に
足場にコンって当ててしまった。
欠けるんだよな〜ダイライト
e0276939_07163026.jpg
もういいわ!!とそのまま打ち込んでやったわ。
こんなんで本当に壁倍率2倍なんていけるんかいな???
その後も壁下地作りをダラダラやってたらカントクが
そろそろ焼肉するからおいで!!と呼ぶ。
そっか。GWお疲れ様会をやるんだったね。
と現場を後にして地上に降りる。
だが無慈悲な監督は「買い物行ってくるから火熾しておいてね!!」と去っていった。
なので火起こしをする。
うちで使っている炭は能登半島の先端の珠洲市で炭焼きを生業にしている
大野製炭所の炭。
そこの代表の大野さんは自身で休耕田や耕作放棄地にクヌギを植林し
荒廃する里山の保全から炭焼きを行なっている若きレジェンド。
そんな彼の作る炭は着火性も良く、日持ちもいい。
何より日本の里山を愛する男の焼いた炭を使わせてもらえる事がありがたい。
だが炭の価格はリーズナブル。
中国人には理解できないような想いが詰まった炭なんだよ。
と彼の炭に着火してうちわで扇いでいたらまたもや睡魔が。
疲れてるんだなぁオレ。
そしてスーパーの焼肉セットでカンパーイ!!
e0276939_07281520.jpg
バカバカとビールを煽って食った食った!!
うまかったな〜〜
と8時には就寝。終了。
明日は雨だってさ。せっかく仕事休みなのに(笑)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

[PR]
by kurogane-mania | 2017-05-06 07:29 | 古民家リノベーション | Trackback | Comments(4)

仕事の合間に作業するGW

いや〜世の中マジGWなんだね。
うちの町にもバイクやらキャンピングカーやら普段見ないような車がわんさかと押し寄せてる。
そんなGWを満喫している世の皆様とは裏腹にオイラはと言うとGWはマジで本業が忙しくてね。
全力で仕事してる毎日です。
昨日は仕事を終えて戻ったのが午後3時。
それでも現場入りする真面目なオレ。
しかし、桁の天端自体のレベルがメチャクチャな箇所に遭遇。
不運にもそこは窓枠を設置する場所。
渋々丸ノコで切り出しレベルを出してからノミで調整して終えたら既に午後6時半。
e0276939_20555742.jpg
このあとウォーキングに出かけて
e0276939_20561169.jpg
GWやお正月になるといつも遊びに行こうかなと来てくれた友人を偲んで
彼が生涯愛したキリンラガーで乾杯。
ジイ、たまには夢にでも出て来てよ!!

そして翌朝。
仕事の現場は駐車場が少ないので早朝6時には自宅を出る。
ふと振り返ると抜けるような青空と我が家。
e0276939_20562464.jpg
自宅の窓越しに青空が見える。
ん???窓越し???
e0276939_20563301.jpg
今の状態でしか見ることのできないハウスイン青空に朝から爆笑。
そして仕事へ向かった。
途中1時間半も時間が余ったのでアイスラテを召し上がり
e0276939_20564545.jpg
調子に乗ってランチを取ろうとすき家へ。
e0276939_21085790.jpg
牛丼ミニのお新香セットで。
それからホームセンターへ行き工具入れをゲット。
e0276939_21083024.jpg
このサイズのが欲しかったんだよ。
しかも現品限りで1200円。
オッケー!!
自宅に戻ると荷物が届いていた。
e0276939_21091545.jpg
中には
e0276939_21093223.jpg
超丁寧な梱包の中から出て来たのは
e0276939_21184367.jpg
今年はもう手に入らないかと思い凹んでいた
ルイ・ジュリアンが!!
早速冷蔵庫に保管。
e0276939_21193413.jpg
良かった良かった。
e0276939_21192121.jpg
こいつだけは毎年必ず飲みたいワイン。
ビオワインとは彼のワインの為にあるようなもの。
それから仕事の仕上げに向かうが、車は捨ててバイクで。
仕事を終えてからは友人が買った船を眺めに港へ。
e0276939_21204888.jpg
大量のバイクとすれ違ったがオレも気分はツーリング。
GWが仕事で終わる自分へのせめてものご褒美。
ご機嫌に流して家に戻ると早速着替えて現場へ。
前日作った窓枠の隣の区画の仕上げを行う。
e0276939_21230493.jpg
ダイライトを切り出して
e0276939_21315594.jpg
現場に持ち上がる
e0276939_21234428.jpg
仮合わせすると完璧な寸法に。
思わず一人威張るオイラ。
e0276939_21245023.jpg
さぁ貼るぞ!!と鉄砲であっと言うまに貼り終えた。
e0276939_21252072.jpg
外ではママが家庭菜園の準備を進めていた。
e0276939_21252977.jpg
うちは油カスのみの栽培。
e0276939_21322705.jpg
カメラ向けると反射的に反応するカントク。
e0276939_21323917.jpg
オレがウォーキングの為に足場から降りてきてもママは作業中なのでお一人様で歩く。
e0276939_21325200.jpg
これで収穫が楽しみになったね♪
さて、明日も早いから寝よう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

[PR]
by kurogane-mania | 2017-05-04 21:36 | 古民家リノベーション | Trackback | Comments(2)

台風のような風が止んだので壁を作る

昨日は材料の加工を終えたあと午後一にお客さんの所で打ち合わせ。
GW気分を演出するためにバイクで♪
まるでツーリングのような気分でバリバリと。
e0276939_07492885.jpg
打ち合わせの後は前日に恐ろしい風におののいたので外壁を急ぐ。
屋根飛ぶかと思ったよ。
ドーン、ガサガサ〜〜って仮養生のフクビのエアテックスなんて引きちぎれて遊んでたわ。
ヤベェなぁヤベェなぁって思ってはいたが、あの大風の中でも家が揺れなかったのは大したもんだな。
開口もたくさんあるから、そこから風がモロ入ってたからもっと揺れてもおかしくなかったんだけどね。
もう随分ガッチガチな家にしたからその効果かな。
次に大地震が来た時にオイラの持論が正しかったのかどうかが分かるなと。
(来て欲しくないけどね)
e0276939_07493703.jpg
はい、筋交終了!!
次はダイライトね!!
e0276939_07494775.jpg
残念な事にあとわずか3寸って所で寸足らずになり10尺のボードを8尺に切り詰める事態に。
勿体ないけど、下地がない事には構造材としての真価を発揮出来ないので諦めて切る。
それからクソ重いダイライトを持って移動。
足場のブレスが邪魔で外側からは入らないので狭い足場の隙間を移動させる。
e0276939_07495526.jpg
重くて狭くてさぁ大変。
カニさんのように軽やかにはいかないな。
ようやく設置場所の真下まで到達。
e0276939_07500341.jpg
4mほど持ち上げなきゃいかんのよね。ここから。
なのでまずは1段目の足場に登り引き上げる。
e0276939_07501312.jpg
まるで重量挙げのようにフンガーとか気合い入れて引き上げて、右足に引っ掛けて保持。
写真撮ろうかなんて思って撮ってたら足がツリそうになった(汗)
足と手を同時に使って引き上げて
2段目の足場のブレスに引っ掛けてダイライトを保持して持ち替えてから最後の一踏ん張り。
e0276939_07502109.jpg
予めレベルを出して取り付けておいた仮置きの桟の上に乗せて足場にダイライトを
もたれかからせればもう安心。
さて三段目に登ろうか。
e0276939_07503007.jpg
今回はバッチリの精度で設置できたので悩まずバンバンバン。
e0276939_07503988.jpg
よっしゃ。壁になったぞ。
e0276939_07504987.jpg
もう少しだね。
e0276939_07535682.jpg
ここに窓枠下地を作らなければいけないんだな。
19時まで作業したら随分暗くなってしまった。
e0276939_07541924.jpg
さてウォーキングするかね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

[PR]
by kurogane-mania | 2017-05-02 09:17 | 古民家リノベーション | Trackback | Comments(6)

パナソニックへスッキリポールの問い合わせを実施

パナソニックのスッキリポールで(スマートポールと名称を間違えていたことはナイショ)
ゴチャゴチャした引き込み線やらなんやらを纏めて地中にブチ込みたいと願い
必死に掘り進んだ地中電線管。
ようやく電柱部分に差し掛かったが、ここで様々な疑問が。
まずはパナソニックの商品選定画面で動力、単相、光、太陽光を選ぶと
それ以降の選択画面に進めず、「お問い合わせ下さい」と
めちゃくちゃ高いハードルを示してきた。
それでも問い合わせないことには進めないので指示に従って
パナソニックさんへの問い合わせフォームで問い合わせを行った。
e0276939_06523995.jpg
連絡用の電話番号も記入せよと書いてあったので恐る恐る記入しておいた。
それから村山(村の共有林)へ行ってコシアブラを採取。
e0276939_06524954.jpg
ママがランチに行きたいって言ってた森の食堂でランチの予約を行った。
その直後に同僚から電話があって
「もう現場?」
「は???何言ってんの君。俺何にも聞いてねぇぞ」
「うわー出たよ!!連絡行ってね??」
「しらねぇよ」
ちょいと離れた町での仕事がブッキングされていたが
当の本人のオイラには連絡が来ていない事実。
まじかー
ママとランチ行こうと思ってたのにな。
と森の食堂に連絡してお弁当に変更してもらった。
このお弁当ってのが本当に素敵でね。
e0276939_06525664.jpg
これ全部植物で作られてるんだな。
マクロビではないんだけど全て野菜で作られたお弁当。
1点1点が本当に丁寧に作られていて毎回感動する。
味も十分。
今回は手書きのお品書きも。
e0276939_06530456.jpg
ほんと頭が下がるな〜
これからも応援しているから頑張ってね!!
そうこうしているうちに見慣れない番号から電話が入った。
アイポンには茨城県とか書いてあるぞ。
と電話に出ると

「こちらはパナソニック茨城工場の設備担当〇〇と申します。
この度はお問い合わせいただきありがとうございました。
早速仕様についてなのですが、契約アンペアはどれほどの予定ですか?」

「まだ決めていないのですが、状況次第で変更してゆく予定で、
最大で100Aほどを想定しているので幹線は22スケを既に埋設済みです。
動力も同様に最大でも100Aほどの想定で22スケをPE28で埋設済みです。」

「なるほど承知いたしました。その場合ですと特注の仕様となりますので
仕様書をお送りしますのでご検討ください。
また何か疑問点があったらお電話いただければと思います」と

すげーなパナソニック。
対応の早さ、指摘の的確さ、丁寧さ、どれを取っても一級品の対応でした。
近所のKさんがプレゼントしてくれた電柱には電線管3本を入れることは
不可能ということが判明しつつあったのでスッキリポール導入の方向で動こうかなと。
そして手書き修正された図面が送られてきた。
e0276939_06532113.jpg
動力は使わないかもしれないし、使うかもしれない。
大切なのは「後で導入しようにも大変なことになる」って事実。
電線も何もかも事前に準備しておかないと
後悔しても後悔しきれない恐ろしい落とし穴が待っているのでね。
この巨大な古民家を「冷房」するにはおそらく単相200程度のエアコンでは冷えない。
そうなるとパッケージエアコンを入れるしかない。
パッケージエアコンは基本動力仕様だからね。
転んでも転ばなくても杖は必要なんだよ。
しかも地中埋設だからね。

そして朝。
まだまだ朝晩は炊き続けている薪ストーブ。
e0276939_06533075.jpg
ニャンコがまどろんでいる姿を見るとついつい炊いてあげてしまう。
こうやってGWまで薪ストーブを焚くから毎年10トンもの薪が必要になるんだよな。我が家は。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

[PR]
by kurogane-mania | 2017-04-28 07:15 | 古民家リノベーション | Trackback | Comments(4)

電線管の埋設

とにかく基礎石に阻まれ続けた電線管の埋設工事。
いよいよ最後の石の撤去に入る。
e0276939_06505865.jpg
こいつの撤去に失敗して3年前はここで工事を一旦終了させた苦い思い出の場所。
もう負けねーぞ!!と穴を開けて割ろうとするが石が動いて上手くいかない。
ん???石が動くってか???
ってんでクサビを持ち手にしてグリグリゴリゴリやってたら
e0276939_06511666.jpg
出てきた!!
よし!!基礎石の全撤去終了〜〜〜♪
お次は近所の土建屋のMASちゃんに頼んであった山砂を分けてもらいに土場へ。
山砂に小砂利を少々積んで戻る。
e0276939_06513219.jpg
それでは小砂利から。
e0276939_06514667.jpg
ザザーっと遠慮なく入れる。
何をするかというと電線管の通り道のレベル取り用。
レベルとは言っても電線管が変に曲がって通りが悪くなるのを避ける程度の話だけど
地表は相当凸凹しているので小砂利程度が使いやすくて良いね。
そのあとは砂を投入。
e0276939_06520889.jpg
石で電線管が破れたりしないためのものだけど、恐らくプロはこんな面倒な事はしない。
電線管だけでも十分強度はあると思う。
慎重派なオイラはまるで水道管の埋設のような繊細な感じで。
そして、単相、三相、通信の3本の電線管を均した砂の上に置いて
e0276939_06525930.jpg
紫外線から電線管を守るために巻いていたタイベックシルバーの端材を撤去。
e0276939_06533943.jpg
タイベックシルバーの効果はてきめんで、電線管は全く劣化も無く美しい姿を保っていた。
それから電線管の上に砂を埋め戻し
e0276939_06535812.jpg
翌日からの雨に備えて雨樋からの雨を通すための水路を
廃棄予定のアルファルトルーフィングを曲げて制作。
e0276939_06541449.jpg
これで直接雨が流れ込むことはなくなったが、まぁ貯まるだろうね。雨水。
それにしても凄まじい量の石だわね。
e0276939_07090112.jpg
電線管が妙なところで止まっているのは、電柱の仕様がまだ決まっていないから。
加工して使うのか、パナソニックのスマートポールを使うのか。
もしパナソニックからスマートポールの希望仕様が
作れないとの回答があった場合に、納屋の壁に電力量計、引込遮断機、
売電メーターなどを設置しなければいけなくなるので、その場合は止まってる箇所から
90度曲げて納屋の壁沿いに電線管を立ち上げる必要がある。
どちらにせよまだ仕様を決めていないのでここで立ち止まらなければいけないのだね。
ここまでで作業は終わり。
仕事に出かけて、そのあとはお客さんの所で大工の棟梁さんと打ち合わせ。
棟梁は「ヤベェ、ウルセーのが出てきたぞ!!」って顔してたけど
最終的にはお客さんとの緩衝材になると判断したかニコニコと喜んでいた。
10年前の大改修の時は部下の職人さんを散々怒らせ、泣かせた実績のある俺。
今回はもっと厳しいぞ。覚悟してくれ(笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

[PR]
by kurogane-mania | 2017-04-26 07:21 | 古民家リノベーション | Trackback | Comments(2)


軽井沢ストーブとも呼ばれる鐵音工房の薪ストーブとの日常


by kurogane-mania

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
鐵音ストーブの事
金森ストーブ
FA265に関して
薪について
チェーンソー
薪割り機

煙突
林内運搬車
木材水分計
自家菜園
工具の話
古民家リノベーション
蕎麦
田舎ぐらし
船と釣り
バイクの事
健康とダイエット
雑記
未分類

フォロー中のブログ

自力施業型小規模森林所有...

最新のコメント

夏かよ!と油断してると雨..
by チロル at 07:00
えぇ〜っnakaさんが体..
by kurogane-mania at 09:14
そうすね。 重いので代..
by kurogane-mania at 09:13
ああっそば食いたかったな..
by naka at 22:22
トラクターいいね! も..
by naka at 22:19

リンク(一方的に)

ライフログ

記事ランキング

ブログジャンル

住まいとくらし

画像一覧