カテゴリ:FA265に関して( 11 )

再び操作ハンドルを製作

もうねダメ。
薪ストーブを焚き続けているリビングが快適すぎて動けない。
寒い外に出て大工作業を行なおうという気力を根こそぎ奪い取る
薪ストーブの魔力にメロメロの毎日です。
ようやく寒い現場に出たと思ったら、再び操作ハンドル作りを行うことにしました。
材料はいつもの薪。ナラの木です。
今回は芯材が見つからなかったので芯に近い部分を使いました。
e0276939_84011100.jpg

ボルトは先日H_D_Oさんから頂いた情報通りインチでした。
なので何時もの鉄工所へ行ったのですが、そんなに長い特殊なボルトはないですよと。
寸切りボルトならあるから作って使ってねとオバちゃんに手渡され買い求めた。
金額はナット3個込みで98円。申し訳ないので100円で。
んでまぁ旋盤でグオーンと。
e0276939_843247.jpg

15分ほどかけて丁寧に仕上げた。
e0276939_844022.jpg

不要な両側の耳を切り落とし完成。
e0276939_8443097.jpg

装着しようとしたら少し長すぎたのでカットして装着。
e0276939_845161.jpg

先日作ったものと比較するとこんな感じ。
e0276939_8454655.jpg

少し長めに作ったので安心。
e0276939_8461237.jpg

ボルトが飛び出して火傷することがないようにきちんと埋め込んだ。
e0276939_8464942.jpg

ハンドルを装着したままでもデザイン的にはそんなに遜色なく。
そしていつでもダンパーハンドルで楽々操作できることによる恩恵は計り知れなく良い。
とっても楽になった。
もうサイドドアとかも固定にしちまおうかな♪
e0276939_847299.jpg

強風が吹き付けて低気密の我が家のリビングには氷のような風が吹き込んでくる。
ちくしょう!!とFA265にガンガン薪を入れて本気燃焼させたら
そんな寒気なんかぶっ飛ばす勢いでガンガンリビングを温めてくれた。
ほんと凄いね。
普段は優しくまろやかに暖を与えてくれて
本気を出させたら暑いくらいに暖かい。
素晴らしい。
使い込めば使い込むほどに気に入ってしまうFA265。
こいつはほんと大のお気に入りです。
今日も寒いらしい。
頼むね相棒!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

[PR]
by kurogane-mania | 2017-02-11 08:51 | FA265に関して | Trackback | Comments(4)

FA265の操作ハンドルを作ろう

やきもので出来ているFA265の操作レバーが炉台に落とすたびに欠けてしまい
最後には鋭利な刃物のようになり危険極まりない物になってしまったので
ハンドルの取っ手の部分を作ることにした。
e0276939_14495281.jpg

もはやハンドルとは呼べない代物になっている。
薪棚を物色して芯が残っている薪を探すがなかなか見つからない。
そうだよな〜原木を割る際にには、まずはじめにど真ん中に向かって斧を振り下ろすもんな〜と
それでも何とか芯の残っている薪を見つけて適当な長さにカットして、
芯に向かってボール盤で穴を開けて
e0276939_14522326.jpg

木工旋盤にセット。
e0276939_14524261.jpg

まずはじめに向かって右側の外側を削り、芯と同心円にする。
e0276939_14544865.jpg

だいたい円が出たところで左右を入れ替えて
e0276939_1454289.jpg

ハンドルの太さに向かって削って行く。
e0276939_14552884.jpg

だいたい大きさが出たら外してハンドルに合わせてみる。
e0276939_1456310.jpg

結構長いのでカットする。
e0276939_14562834.jpg

端の部分の面取りを行ってペーパーを当てたらハンドル完成。
e0276939_14571984.jpg

元のハンドルのネジを緩めて
e0276939_14575266.jpg

壊れてしまったハンドルを撤去する。
e0276939_14581768.jpg

新たに作ったハンドルをねじ込んで
e0276939_14584165.jpg

完成!!
e0276939_14585785.jpg

さっそく使ってみる。
e0276939_14592152.jpg

印象的には少し太いし短いと感じるな〜〜
次回はもう少し細く、長く作ろうかな。

本来は薪として残り1時間ほどの命だったナラの薪だが、
薪ストーブのオペレートハンドルとして新たな命を与えられた。
e0276939_1532446.jpg

ナラの木って木材としても良い材だね。
このハンドルがダメになって困っている人多いんじゃないかな。
木工旋盤があれば薪から作れるんだけどね。
我が家はこれで安全に操作可能になりました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

[PR]
by kurogane-mania | 2017-01-25 15:03 | FA265に関して | Trackback | Comments(2)

シーズン途中だがFA265の触媒の交換を実施

どうも触媒を燃やしてしまった感の強い我が家のFA265。
心配性なオイラは新しい触媒とガスケットを準備していたのだが、
どうも寒い朝は反射的に薪ストーブに薪をくべてしまい交換できずにいた。
今朝は薪ストーブのあるリビングルームがとても暖かかったので作業開始。
作業灯を用意して天板を外して仰天した。
e0276939_9295389.jpg

なんか異常に汚くない?こんなもん???
ブラシでゴシゴシ掃除したら
e0276939_935240.jpg

結構な量の煤やら灰が出てきた。
おかしいなぁ炊き方は今の炊き方でいいと思うんだけどな〜。
ちょっとエアー絞りすぎなのかね。
触媒温度計も既に少し汚れ気味。
1週間経ってないんじゃない?
e0276939_9364381.jpg

それからセラミックのカバー外して
触媒とご対面。
e0276939_9374722.jpg

案外きれい。
裏も
e0276939_9381167.jpg

多少の煙の発生はガスケットを装着していなかったからかな?
そして二次燃焼室のクリーニング。
e0276939_939112.jpg

これまではセラミック触媒だったが新型はステンレス触媒。
重さも、目の荒さも違う。
e0276939_952955.jpg

それから新しいガスケットを1周巻いて
e0276939_9402479.jpg

セロテープで軽く固定してから燃焼室にセット。
e0276939_9405830.jpg

メチャメチャ汚れていたカバーを装着して
e0276939_9413780.jpg

天板をセット。
e0276939_942077.jpg

触媒温度計もセットし直して
e0276939_9422764.jpg

点火。
あっさりと立ち上がり巡行燃焼へ。
e0276939_9431157.jpg

まだ熾(おき)の少ない完全安定状態ではないけど触媒は
e0276939_9441581.jpg

650度。ちょい高いかね?
本体ドアは
e0276939_9445154.jpg

350度。
やっぱちょい高いかもしれないね。
触媒は
e0276939_9452578.jpg

真っ赤に燃えている。
外の状態を確認しに出てみると
e0276939_9455620.jpg

ほとんど煙は確認できない。
当然酸っぱい不完全燃焼の嫌な臭いもしない。

着火から2時間、たっぷりと熾もたまり、ゆったり燃焼している時の状態は
e0276939_9472087.jpg

e0276939_9473485.jpg

触媒で450度、本体で300度。
外の状態は
e0276939_9482950.jpg

完璧にクリーン。
そりゃそうだ、新品触媒で新品の性能を発揮してるはずだもんね。
あとはこれがどれだけ続くか、
シーズン終わりに触媒周辺がどんな状態か、それによって炊き方が分かるね。
どうもまだFA265とは会話が成立していない気がするのでまだまだ勉強しなきゃダメそうだね。
今回のも盛大なアドバイスいただけると喜びます。
どうか先輩ユーザーの皆さんご指南下さい。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

[PR]
by kurogane-mania | 2017-01-22 09:52 | FA265に関して | Trackback | Comments(6)

触媒用のガスケット到着

ウシオ電機のダイクロハロゲン型のLED電球が届いた。
e0276939_13571185.jpg

6個のうち3個は調光可能なタイプ。
e0276939_13585393.jpg

影がグチャグチャに出ないようにとLED光源は1個。
e0276939_13593852.jpg

そして背面にもガラスを採用してダイクロハロゲンの光の漏れまで忠実に再現。
早く使いたいがダクトレールが未購入なので装着不可。残念。
e0276939_1402122.jpg


そしてダッチウエストの触媒ガスケットも到着。
e0276939_141507.jpg

なぜか注文したお店ではなくダッチウエストジャパンからの発送。
e0276939_1423149.jpg

黒い人が、その封筒で遊ばせろ!!と騒ぐのでプレゼント。
おいらが必要なのはぐるぐる巻きのガスケットのみ。
e0276939_1432523.jpg

これで触媒もガスケットも揃ったのでいつでも交換可能となった訳だが
e0276939_1451771.jpg

肝心の触媒は……
e0276939_1442628.jpg

この業火の中なので断念。
e0276939_145166.jpg

ママは半ドンだったので午後からは特等席で猫にまみれてお昼寝。
薪ストーブの暖かさが最高との事でした。
e0276939_1463981.jpg

ハッピータイムのようなのでおいらは仕事に出かける。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

[PR]
by kurogane-mania | 2017-01-20 14:07 | FA265に関して | Trackback | Comments(0)

新しい触媒温度計が到着

ママがニャンコ達のドアを直しなさいと言って仕事に出かけてしまったので渋々作業開始。
e0276939_90035.jpg

このニャンコ専用の枠、トルク管理が難しくて、きちんとバランス良く締め付けないと
扉の開閉が重くなり、明らかにニャンコ達が嫌がるようになる。
前日に取り付けたはいいけど、建てつけが悪くてニャンコが出入りできなくて困っていた。
それを見たママがご立腹だった訳で取り敢えずは取り外し組み直す。
e0276939_92270.jpg

人間様が使いにくくなってしまった引き戸との兼ね合いを見直してドア枠を動かしてから
ニャンコドアを装着。
今回は動きもバッチシ。
e0276939_933431.jpg

と、その様子を見ていた黒い人がくぐり始め。
e0276939_942653.jpg

茶色い人も
e0276939_945725.jpg

錆色の人は興味なし。
e0276939_953142.jpg

仮設にもかかわらずクオリティを求めるカントク。これで宜しいでしょうか?
e0276939_962344.jpg


それからパソコン叩いて仕事していたらキャタリック(触媒)温度計が
ノースカロライナから届いた(大嘘)
e0276939_98195.jpg

6千円以上するが薪ストーブの健康管理の為には不可欠なので。
気のせいか長いな。
e0276939_994848.jpg

文字盤が読めるのが嬉しい。
e0276939_9101413.jpg

新薪投入のタイミングで古い温度計を抜いて新旧比較。
e0276939_9105920.jpg

古い方はもう半分以上燃え尽きてなくなってる。
温度計は消耗品だと言うのはどうやら本当らしい。
装着。
e0276939_9121133.jpg

触媒の燃焼温度が分かるようになったので、二次燃焼用のエアー調整も容易になった。
e0276939_9131530.jpg

これで過燃焼による触媒の焼失は避けられるようになった。
ほっ。これで一安心。
話によるとFA2〇〇シリーズはこの温度計の上に物を置いてはいけないらしい。
と言うことはポットやカレー鍋なんかもダメだと言うことなんだな。
何だかちょっと寂しいが仕方ないか。

そして佐川さんが椅子を運んできた。
今回のはダイニングルームで使うシェーカースタイルの椅子。
シェーカーはもともとアメリカの宗教文化だったと思うけど
オイラはデザインがお気に入りなので購入。
e0276939_9164597.jpg

美しいな〜〜〜
e0276939_9171734.jpg

しかし、配備予定のダイニングルームはこの状態。
e0276939_9175125.jpg

頑張らないとね!!
と油断した隙に茶色い人が「見〜つけた!!」と早速一番乗り。
e0276939_9184866.jpg

どうですか?座り心地は??

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

[PR]
by kurogane-mania | 2017-01-18 09:19 | FA265に関して | Trackback | Comments(0)

ドラフトゼロの恐怖

今朝はリビングルームが暖かくて快適な朝だった。
いつものように細薪を積み上げて着火。
エアーを調整してゆっくりゆっくりと薪ストーブの温度を上げてゆく。
ストーブ本体も温まり、そろそろ触媒に切り替えようかなとダンパーを閉じた瞬間
それまでは順調に燃えていた薪が一瞬で鎮火。
そしてバックパフでエアー口から盛大に煙を噴き出した。
すぐにダンパーを開け直して天井を見ると相当煙っている。
バックパフ1回にしちゃおかしな煙り方だなと良く良く見てみると
二重煙突とシングル煙突の接続部分が久しぶりに抜け落ちて隙間が空いていた。
こいつか原因は!!ってんで慌ててグローブを着用して接続し直した。
そういえば最近調子良かったので油断してホンマ製作所からバンド取り寄せてなかったなと。
ホンマの方が耳の部分の外径が大きいのでダメなんですよね。
なので、朝から丁寧に細薪を炊き上げて温めていたのは薪ストーブ本体のみで
煙突は一つも温まってはいなかったのでした。
温まっていない煙突は当然ドラフトを発生させない訳で
ダンパーを閉じた途端、煙は行き場を失ってしまっていたのでした。
普段は7m煙突の素晴らしいドラフト効果の恩恵を受けているから忘れてはいるが
薪ストーブと煙突のドラフトは切っても切れない仲だったということを思い知らされました。
そういえば普段は聞こえる煙突が温まって膨張する時のミシミシ音が今朝は聞こえなかったよなと。
異変には気がつきながらも迂闊にダンパーを閉じたオイラのミスでリビングルームは
不完全燃焼ガスの香りの洗礼を朝っぱらから受けなければいけなくなり反省している最中です。

昨日も1日出入りが多かったのですが、低燃費燃焼を学習した我が家のFA265は
素晴らしい性能を発揮し、午前中は9時に最後の補給、お昼は12時すぎに補給し、
午後は13時30分に最後の補給をしそのまま16時すぎまで無補給だったにも関わらず
ちゃんと部屋を暖め続けてくれていた。
ニャンコ達も無補給に気がつかずにスヤスヤと眠っていた。
ゆったり燃焼の炎は美しいのなんのって。
e0276939_711277.jpg

にも関わらずストーブドアの温度は
e0276939_7114115.jpg

ほぼ限界の350度を保っていた。
薪の消費も本当に少なくなった。

もしかして、もしかしなくても俺はアスペンの炊き方間違っていたのか?
と今更のように反省し始めた。
薪ストーブが悪いのではなく使い手に問題があったのではないかと。
アスペンは怒りのあまりに、もう友達にあげてしまったので再検証は出来ないけど
恐らく今使ったら違う結果が出ていたかもしれない。
一度もまともにレクチャーを受けずに薪ストーブを使ってきたからかな。
広い炉内で悠々と燃える薪を眺めながらそんな事を想うのでした。
しかし臭かったな。
ようやくリビングの匂いも薄まってきました。
今日はホンマ製作所にバンドを注文しようと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

[PR]
by kurogane-mania | 2017-01-17 07:17 | FA265に関して | Trackback | Comments(2)

触媒の目詰まり

最強寒波が猛威をふるう中、我が家では暖かいリビングで雪見障子ならぬ
雪見サッシ越しに毎日素敵なパノラマを楽しんでいる。
e0276939_8343747.jpg

先日購入した漆器のお盆も素敵。
いい風景だよ。
鳥さんが、うちのミカンを食べに来てる。
e0276939_8355032.jpg

かわいいねぇ
e0276939_836858.jpg

彼らの食べ物がなくなるとダメだからとママは半分以上残す。
それを知ってか知らずでか鳥さんたちは毎日来ては食べている。

FA265がバックパフを頻発するようになったと先日書いたところ
読者の方から、触媒の目詰まりを疑って下さいと教えていただいた。
確認しようと思いつつも、毎朝、あまりの寒さに気がついたら焚き付けに着火させて
あ!!っと思った頃にはストーブは300度近くの火の塊になってて、残念!!って日が続いていた。
昨日の朝もマイナス5度前後まで世の中は冷え込んでいたので薪ストーブに
火を入れようと焚き付けを組んでいた。
ん!!
そうだ!!触媒の確認しなきゃ!!
ようやく寝ぼけた頭の中でもその考えに行き着いた。
なので早く火を入れてくれ!!と騒ぐ猫たちを無視して天板を開けて触媒の確認をした。
e0276939_8251595.jpg

うわー
3割ほど目詰まりしてるじゃん。
振るとカラカラと妙な音もする。
変形も確認できた。
早朝なのでコンプレッサーを点ける訳にもいかずベニア板の上で
カンカン叩いたり、口で吹いたりしてクリーニングを試みた。
出てきたのはこんな感じの灰や金属粉。
e0276939_8275089.jpg

異常なまでの高温で炊き上げられた触媒は破壊され
湿った薪により目詰まりを起こし、更にその高温炊き上げで巻き上げられた
灰が付着するという最悪な負のスパイラルが容易に想像できた。
薪ストーブの炊き上げに上手い下手があるかよボケ!!と思っていたオイラは
嫌という程その事実を鼻先に突きつけられてしまったのだった。
知らないという事は罪だと散々言ってきたが、薪ストーブしかりだった。
低燃費でクリーンな排気が自慢の触媒機だが、使い方を間違えたら
とんでもない事になるのでした。
恐らくクリーンバーン機ならそんな事もないのだろうけどね。
まだまだFA265に関しては初心者マークのオイラです。
あれ?って思ったらなんでも教えて下さい。
宜しくお願い致します。

そして最強寒波到来の日曜日の朝。
家のトイレは凍ったまま。
屋根からは長いツララが。
e0276939_8382017.jpg

強烈だね。
しかし、オイラは仕事で出かけなければならず、吹雪の中出かけた。
仕事の帰り、隣町のスーパーに立ち寄り食材を買い込み。
その中にはあんドーナツも。
美味しくランチ前のデザートとしていただく。
e0276939_8401052.jpg

家に着くと目に入ってきたのは無残にも変貌を遂げた我が家の第1リビングルームでした。
e0276939_841559.jpg

ホットカーペットは敷かれ、私のお気に入りの雪見ガラスの前では
お嬢がたこ焼き機でたこ焼きを焼き、
ストーブの周辺には洗濯物が吊られ
e0276939_8425410.jpg

薪ストーブは猫の山になっていた……
e0276939_844119.jpg

もうダメぽ。
完全に生活の場になってしまった…………

仲良く薪ストーブで暖をとる親子に見えるでしょ?
e0276939_8453567.jpg

実はジャンクデーの日曜日なのでラーメンを煮て食べてる父親を襲撃し
奪い取る娘の姿なのでした。
俺の昼飯返せ!!
そしてママには業務用スーパーで買ってきたお土産をプレゼント。
e0276939_8465958.jpg

食後は左義長の日なので書き初めを下ろし
e0276939_848773.jpg

燃やした。
e0276939_8482483.jpg

左義長も終えて気分良くなったのでスキーに行くことにした。
スキーとは言ってもオイラのはクロスカントリースキー。
歩くスキーさ。
e0276939_856722.jpg

準備は既に秋口に終えていた。
そしてよろよろしながらスタート。
e0276939_8564926.jpg

良くわからんので取り敢えず直滑降(笑)
それから不細工な感じで歩き始める。
e0276939_857387.jpg

ママが撮影した動画では「パパ、両手両足が同時に出てるよ!!」と笑いながら言っていた。
e0276939_96834.jpg

まず最初に向かったのはうちの薪場。
e0276939_8584360.jpg

今まで見たこともない風景にうっとり。
誰も歩いていない新雪の上を歩く快感と言ったらないよ。
e0276939_8592828.jpg

そして川沿いを歩く。
e0276939_8595136.jpg

本当に美しい風景に心の底まで癒される。
1時間ほど歩いてから自宅に。
e0276939_90319.jpg

いや〜〜楽しかったし
気持ち良かった。
最後の方は歩き方も分かって、とても快適に歩けた。
憧れだったクロスカントリースキー。
最高に素敵なアイテムでした。

楽しくて楽しくて鼻歌まじりに部屋に戻ると
「ちょっと!!いつになったらニャンコのドア作ってくれるの!!」とママがご立腹に。
仕方がないので渋々寒い現場に入りニャンコドアの準備を行う。
e0276939_935487.jpg

さ・寒い・・・・・・
e0276939_941684.jpg

ママは暖かい室内から「ガンバレー♩」とご機嫌にエールを送る
e0276939_945617.jpg

めんどくさいよ〜〜と半泣きのオイラ。
ママはニコニコしながら激写。
ようやく完成したが、ドアが硬くてニャンコ達は不機嫌そう。
e0276939_6541274.jpg

調整しなきゃね。
e0276939_6543161.jpg

人間様からも不都合の指摘を受けたので更なる修正が必要になった模様。
なかなか一筋縄ではいかないようです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

[PR]
by kurogane-mania | 2017-01-16 09:08 | FA265に関して | Trackback | Comments(2)

FA265の炊き上げ方が間違っていたらしい

朝起きて薪ストーブを起こしていた。
旧キッチンの上の方からガサゴソと音がする。
何だ???とうちの猫たちと注視していた。
ガリガリバリバリと五月蝿いので薪ストーブが巡航運転に切り替わると同時に
ハシゴをかけて穴を塞いだ。
しばらくすると更にバリバリと音がするので一箇所開けておいた。
e0276939_18383354.jpg

すると
e0276939_18384968.jpg

ん?
e0276939_1839432.jpg

えええええっ!!オメーは隣のニャン吉じゃねーかよ!!マジか!!
早く降りろ!!とママと叫ぶが、ニャン吉は知らん顔して逆に中に入っていった。
その様子を見て俺がキレた。
e0276939_18401533.jpg

んじゃ一生入ってろボケ!!と蓋をした。
ママは許してあげて〜〜と嘆願するが無視。

またもや報道で大雪大雪と言い始めた。
こえーなぁ。

うちの薪ストーブが薪をバカ食いするのでネットでFA265と調べてみた。
すると皆さん「薪は1時間〜3時間に1本程度でOK」とか
「ゆっくりと静かに燃えるのがFA265のいいところ」とか書いてある。
更に「燃費の良さも特筆モノです!!」とかも。
あれれ??
うちじゃ盛大に薪を盛って盛大に炊き上げてるんだがなと疑問を持ち始めた。
触媒温度計は壊れているので触媒温度は不明。
しかし皆さん「触媒温度計だけで十分かも」とか。
「1番大切なのは触媒の温度管理」とか。
やべっ!!
これはマズイと速攻でオーダー。
薪炊亭さんのも安くて良かったんだけど
ロゴ文字がどうしても受け入れられずに純正品を選択。
更に調べるとストーブ温度計は正面は2重になっているから正確ではなく
サイドドアのみが1重なのでそこで測るのがよろしいとある。
ゲゲゲ!!温度計は正面で見てるぞ!!
とさっそくサイドドアに移した。
おわっ!!300度オーバーじゃね!!イカすじゃねぇか。
e0276939_1847298.jpg

そして1次燃焼用のエアー調整も絞って燃やしてみた。
盛大に炊いてるのと変わらない……
e0276939_18481445.jpg

しかも薪はこれまで40分に1度の補給から1時間半に1回の補給でよくなった。
うちのはアスペン用に30cmで切ってあるので50cmの薪をも飲み込むFA265では
炉内がスカスカすぎて寂しいので2本づつ入れることにしている。
それでも量で半分、時間で倍なので燃費は4倍向上した事になる。
そりゃあんた、ガソリン車とプリウスの比較以上の効果じゃね?
多少大げさかもしれないけど、本当に燃費が良くなった。
そして何よりの変化は煙突から酸っぱい不完全燃焼薪の香りがしなくなった事。
という事は恐らく触媒の処理能力を超える量の薪を投入して強引に燃やしていたので
不完全燃焼ガスが大量に放出されていたのではないかとの推測。
真偽のほどは分からない。
しかし、昨日まで臭っていたお風呂の中でも無臭になったから
それだけでも効果絶大と言いたい。
とにかく臭いのは敵わんよ。
FA265の炊き方、これでいいのか誰か教えてちょうだい!!

薪の消費量は下がったが暖かさは変わらない。
幸福感は更に上昇。
やべーな。どんどんFA265がお気に入りになってゆくよ。

あ、猫のニャン吉ですが、夕方になり再びバリバリはじめたので
ベニアを外しておいたら屋根伝いに出て行ったそうです。
ったく人騒がせな猫様でした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

[PR]
by kurogane-mania | 2017-01-13 18:53 | FA265に関して | Trackback | Comments(2)

バックパフの恐怖におののく日々

FA265が絶好調で暖かい冬を堪能している。
朝一番の暖機運転も少しずつ自分なりにやり方を解析して試している。
今のトレンドは焚き付け用の極細の枝をカンナ屑の上に積んで着火、
そのままエアー全開で炎の勢いをつけて
太い枝に移行、太枝は炉内いっぱいになるほどの勢いで積み上げて火を回す。
次第に温度が上がるのに合わせて徐々にエアーを絞り、
煙突ダンパーも絞り煙突にバカみたいな負荷がかからないようにしながら
薪ストーブ本体の温度を上げてゆく。
カンカンと言う膨張音が消えるまで温めたら薪ストーブ側のダンパーを閉めて
触媒燃焼を始める。
そこからは丁寧に温度を上げるように炊き上げてゆく。

が、昨日は少し手順を前倒ししすぎて本体ダンパーを閉めていた。
しかも炊き始めにしては少し太めの薪を投入していた事もあり
巡行燃焼に移行する前に不定期燃焼状態に陥り炎が昇ったり消えたりを繰り返していた。
そんな事は珍しい光景でもないので気にせずにぼーっと眺めていた。
あ〜また消えたな〜〜と思った瞬間

「バフっ!!」と言う音とともに薪ストーブが息をした。
正確にはエアーの吸入口から炉内で不完全燃焼したガスが逆流して出てきた。
ゲゲゲ!!
これが噂のバックパフか!!とおののき、慌てて換気用の窓を開けようとするが、
e0276939_83401.jpg

その後もバフッ、バフッと繰り返していた。
こりゃいかん!!ということで本体ダンパーを開け直して
黒くなって鎮火してしまっている薪に再び火を入れて手順のやり直しを行った。
その間、部屋の換気をするが臭いなんてもんじゃない。
最悪!!

そして翌日、今度は焚き付け時は問題なく進行、巡行燃焼もOK。
だが、今度はトタン屋根が飛び、濡れた状態で仕上がっていた薪を投入してみた。
「使えないかな〜」とセコイ事考えてね。
炉内に熾(おき)も十分蓄えて、本体温度も十分で良い状態だったのだけど、
濡れ薪は投入直後から黒いまま。
乾きながら燃えないかな〜と思いつつ眺めていた。
e0276939_7524465.jpg

そのうちどんどん薪ストーブの温度も下がりやばいな〜と思っていた瞬間、

バフッ!!と逆噴射された。

あぁぁぁぁぁぁぁ………………

部屋に充満する鼻をつく刺激臭。

ダメだこりゃ……………

FA265は本当に良い薪ストーブなのだけど、
どうやらコンディションの悪い薪には弱いようで
その辺は少し気をつけていかないといけないんだなと反省。
それ以外はほぼ順調。
どの薪ストーブでも同じだろうけど炊き上げのコツを掴むまでは
トライアンドエラーなんだろうね。
煙突ダンパーを絞ると排気の香りがダメになりがちな傾向があることも判明。
なので寝る前にエアーを絞り、煙突ダンパーも全閉にするのは近所迷惑だと判明し
そのような使い方は中止。
あくまでも完全燃焼状態でしか閉じてはいけないと知る。
とにかく薪投入直後はどうしても煙が上がるので
ご近所さんの事を考えて、せめて臭い炊き方は避けようと思うのです。
皆さんはその辺はどうしてるんですかね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

[PR]
by kurogane-mania | 2017-01-07 08:03 | FA265に関して | Trackback | Comments(4)

いよいよ車から地上に降り立ったFA265

車庫の中で軽トラと共に雨が上がるのを待ち続けた我が家のダッジウエスト。
ようやく晴れたので再びキャンターを横付けしてユニックで軽トラから台車に移し
e0276939_913227.jpg

車庫の奥に移動させました。
e0276939_913548.jpg

こうやって並べるとFA265の方がボリューミーですね。
金森ストーブも相当大きいと思っていたのですが。
流石はラージモデル。重さもラージ!!
ユニックで吊っている時はそんなに気にしていなかったのですが、
地上に降ろしてから車庫の中に入れようと2cmの段差を超える際に
いよいよ200kgの洗礼を受けました。
たった2cm持ち上げるのに思わず唸ってしまいました。
段差を超えて押している時も抵抗感バリバリで重い事を実感しました。

その後、N澤さんにいただいた薪を納屋の前に積みました。
e0276939_9215941.jpg

今回は近所の爺さんらが実践している細い棒で薪を固定する方法を試してみました。
爺さんらは、紐で支え棒の両端を繋ぎ、ある程度積んだらまた縛って
最後に板とかを屋根代わりに乗せて縛り上げていたのでした。
e0276939_9222837.jpg

畑の真ん中とかに立っている薪棚はそうやって作っていたのです。
去年は積んでいる最中に崩れた薪棚の支えの垂木もこれで大丈夫?なはず。
e0276939_9224913.jpg

積んでみたら、やっぱり沢山ありました。
1か月分はあるでしょう。
N澤さん、本当にありがとう。これが何より嬉しいです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
[PR]
by kurogane-mania | 2013-09-12 09:22 | FA265に関して | Trackback | Comments(0)


軽井沢ストーブとも呼ばれる鐵音工房の薪ストーブとの日常


by kurogane-mania

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
鐵音ストーブの事
金森ストーブ
FA265に関して
薪について
チェーンソー
薪割り機

煙突
林内運搬車
木材水分計
自家菜園
工具の話
古民家リノベーション
蕎麦
田舎ぐらし
船と釣り
バイクの事
健康とダイエット
雑記
未分類

フォロー中のブログ

自力施業型小規模森林所有...

最新のコメント

朝、セルフビルドのランキ..
by love-tyrol0417 at 09:01
がしんさん、凄いでしょ。..
by kurogane-mania at 07:16
厚さ200~300mmの..
by がしん at 23:02
ち、チロてめー何自分だけ..
by kurogane-mania at 11:54
ハッピーバースデー!カン..
by チロ at 08:33

リンク(一方的に)

ライフログ

記事ランキング

ブログジャンル

住まいとくらし

画像一覧