カテゴリ:林内運搬車( 48 )

プロの山師さん

本当は薪を棚に移したかったんだけど仕事がありすぎてギブ!!
本日の薪の移動はナシ。
でタラタラと車を流していたら、前々から気に入っていた雑木山に山師さんの姿を発見。
思わずお話を聞きに訪ねてしまった(汗)
e0276939_2011513.jpg

夫婦で雑木の切り出しを行っている山師のおじさんが切り株に腰掛けて一服している姿が
とても印象深くて思わず声をかけてしまったのですがね。

実はこれこれこういう訳でいつかは自分で切り出しを行いたいと思っているのです。と
正直に話して運搬車についているウインチの使い方や運搬車が通る道の見分け方などを
レクチャーいただいた。

ついでに滑車の使い方や支点位置、ワイヤーの張り方なんかも少し。
今回は差し入れのお茶もお持ちしなかったので余り聞けなかったけど
そのうち弟子にでもしてもらおうかな♪

山師の親方のマシンはクボタ製のマシン。
e0276939_2022598.jpg

150万円ほどしたって・・・たけぇ~~~
丁度しまう時だったのでエンジンやコクピットは防水シートをかけて下山。
e0276939_203342.jpg


「山師は若い人はやりたがらないけど、あんたは珍しいね」とお褒めいただいた。

最近は、杉などはお金にならず、雑木で薪を作って燃料店に卸していると話していたよ。
次回はお茶を持ってきますと約束してオイラも下山。
明日は金沢なのでブログはお休みです。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

[PR]
by kurogane-mania | 2012-06-11 20:05 | 林内運搬車 | Trackback | Comments(0)

知らなきゃ良かった事実

無意味な補強を撤去しはじめた話は昨日書いた。
そして無意味と思われた補強用の鉄板を外すと
思いもよらない物まで外れてしまった。
これだよ↓
e0276939_1855101.jpg

これは運搬車のクレーン部分の鉄製のパイプを支えている土台になるフレーム。
こんなのがカラン・・・って空しい音と共にフレームから落ちた。

おい!!


おい!!!


おい!!!!



e0276939_1911721.jpg


ちょっと待て!!これは「補強」じゃなかったのか!!
ネジ切れたフレームを妙な形の鉄板で支えていたのか!!
なんかクラクラしてきて頭の中がもやもやとしてきた・・・

んあああああ・・・・・・・

e0276939_190982.jpg


頼む・・・勘弁してくれ・・・
爺さん・・・やるならもう少し構造を考えてからやってくれ・・・
こんなおかしな所に変にストレスが掛かるようにするから

e0276939_1921230.jpg

曲がってしまってるじゃねぇかよ!!!
しばし言葉を失い呆然としてしまった。

マジか・・・

マジかよ・・・・・・

e0276939_1932816.jpg


まぁ、今更泣き言いっても仕方ないので気を取り直し、フレームに残った下手くそな溶接跡を削り落とす。
e0276939_1944312.jpg

今日は少し高級な歯を用意したので一枚で済んだ。
ホームセンターオリジナルの物は自店に有利な消費率になっているような(笑)
いや~~~~
やられたな~~~

う~~ん。

ちょっと対策を練るために(気分転換?)
明日は薪棚を作ろうかな。

頭の中は運搬車で一杯一杯なんだけどね。
e0276939_1975336.jpg



人気ブログランキングへ
[PR]
by kurogane-mania | 2012-06-07 07:52 | 林内運搬車 | Trackback | Comments(0)

無意味な補強

運搬車の前部の柱に取り付けられているどう考えても後付けの鉄板の補強板?
こいつがある限りはマトモな角度に修正出来ないし、フレームの塗装も出来ない。
いい加減処理するかぁ。
これ見て。この微妙な傾き。10度程は傾いてるなぁ。
じいさん使い方間違ってるぞ!!

e0276939_21395764.jpg


ということでサンダー(今回のは日立の立派なサンダー)を持ち出して
下手くそな溶接部分を削る。というか切る。
が、案外しぶとくて安物のサンダーの歯がジャンジャンなくなってゆく。
こんな物を外すだけで1時間もかかった。

e0276939_21412480.jpg


しかし、外したが故にこの補強板の意味を知る事となってしまった。
知らぬが仏。まさにその通り。
あぁ・・・・・・知らなきゃ良かったって事実がこのあと明らかに・・・・・・

つづく



人気ブログランキングへ
[PR]
by kurogane-mania | 2012-06-06 07:27 | 林内運搬車 | Trackback | Comments(0)

車体周りの錆落とし

そろそろ洗浄後のフレームも乾いただろ。
ということで車体まわりの錆落としを実施。
今回使用するのはこんな道具。
e0276939_19474529.jpg

安物のサンダーに回転数調整装置、粉塵マスクに交換フィルター。
そして錆落とし専用の歯。
e0276939_19491810.jpg

こいつを安物のサンダーにセットし
e0276939_1950645.jpg

とても細かい粉塵が出るので粉塵マスクのフィルターも新品に交換。
(うちは粉塵作業が多いので予備フィルターは常備)
e0276939_19515523.jpg

頭にタオル巻いたら準備完了!!
さぁやるぞ!!
e0276939_19523969.jpg

ジャイーンと錆を削り落としてゆきます。
これがね。具合いいんです。
サンダーは通常だと9000回転/分以上も回っているので、通常回転のまま
狭い部分になんて入ろうもんなら暴れて最悪大怪我してしまう。
しかし、この回転数を制御するマシンで減速したサンダーは歯を強く押し付けると
回転が止まってしまう。
これが重要。
サンダーが人力以下なので制御出来るのです。
通常回転、通常トルクではまずありえません。
機械類のレストアではよく使いますが、今のところベストな組み合わせです。
自分の思うように削れるのは本当にありがたい。
e0276939_2012232.jpg

車体の片側だけでこれだけの錆が出る。
この作業はあと2日はかかるな。
e0276939_2022715.jpg

[PR]
by kurogane-mania | 2012-06-01 07:44 | 林内運搬車 | Trackback | Comments(0)

フレームの修正

今日は午後から時間が出来たので作業を行った。
色々妄想を膨らませて作業内容を決めているのだけど、
やってみたい作業はどうしても優先してしまう。
まぁ趣味だから許して。
今回はウインチなどの操作スペースに原木がぶつかったりしないように
操作盤の横に設置されたサブフェンスの修正を実施。
どうやら原木が衝突して曲がったらしい。
e0276939_18213412.jpg

先日から油圧パイプベンダーで押し出せば治るのではないかと妄想していた。
安い物ではないのでさすがの道具オタクの私も二の足を踏んでポチっと出来ないままいた。
しかし昨夜布団に入ってから突然閃いた。
「リース屋さんにあるかも!!」
で今日は仕事帰りの足でそのままリース屋さんに直行。
油圧ベンダあります?と聞くと
鉄筋ベンダならあるよ。と仰るので取り合えず借りてみた。
これね。
e0276939_18221567.jpg

このオグラのベンダー。本当に作りがいい。
動きもいい。
e0276939_1822538.jpg

しかし・・・・・・
これはあくまでも鉄筋を曲げることを目的に作られている。
つまり・・・
曲がった物を真っ直ぐ伸ばす為の物ではない。
これが結論。
ハイ妄想終了。
更にはパイプの支点になった場所には結構気になる凹みまで・・・No!!!
で、半べそをかきながら再びリース屋さんに向かい今度はレバーブロックを選択。
e0276939_18233951.jpg

力が一点に集中しないように角材をかませて材木ストッパーとサブフレームを利用して
バキバキっと曲げた。
e0276939_18242333.jpg

ベンダーを使ってなかった下のパイプは本当に美しく元通りに直った。
残念ながらベンダーによる傷が残った上部のパイプは少々悲しい結果となったが
それでも真っ直ぐに伸びた姿は十分満足のいくもの。
e0276939_18245885.jpg

明日は県庁所在地へ行かなければいけないので作業はお休み。
[PR]
by kurogane-mania | 2012-05-30 08:04 | 林内運搬車 | Trackback | Comments(0)

運搬車の泥落とし

いよいよ運搬車本体のレストア作業に入る。
転輪の止め輪のブラスト作業もあるのだけど、
乾燥に時間のかかる本体の洗浄作業を優先した。
現在運搬車が鎮座しているガレージには電気も水も来ていない。
なので運搬車1号に500リッターの水タンクを乗せて洗浄する水そのものを
運ばなければ始まらない。
今回は400リッター用意した。
で1号でガレージまで運び高圧洗浄器もセット。
こうなると黄色だらけだねぇ。
e0276939_208637.jpg

1号機のKOMATU純正イエローもいい色だな~。
ケルヒャのレモンイエローは軽薄な感じがするわ。
給水管も接続して
ブシャー!!
水道からの給水よりパワーが出てるなぁ。
ガンガン泥が吹き飛んでゆくよ。
気持ちいい~~~
e0276939_20123510.jpg

ありったけの泥汚れと油汚れを吹き飛ばして作業終了。
半日かけて念入りに洗浄してあげました。
e0276939_20135259.jpg

あとは乾燥するのを待って下処理開始です。
[PR]
by kurogane-mania | 2012-05-29 08:03 | 林内運搬車 | Trackback | Comments(0)

何と

右側の転輪の方がコンディションが悪くて正直驚いた。
キャタピラが新しかったので油断していたのだけど危ない危ない。
このまま走行させていたら大変な事になっていた事は必死。
まぁこれ見て
e0276939_7494214.jpg

これはキャタピラの先端で張りを調整している車輪の軸。
ベアリングが粉砕後もそのまま動かし続けていたため
車輪が内部の軸を削ってしまったのだった。
e0276939_7551667.jpg

いわばブレーキをかけながら動いていたようなもの。
しかも右側は重い原木を積む為、更に過酷な条件になる。
どうせやるならと気軽な気持ちで開けてみたが、これは大正解。
転ばぬ先の何とやらとはこの事だ。
しかも転輪の一つはまたもや再生不能状態。
ガーン!!
@9870だよ・・・・・・イタタタ
e0276939_7583338.jpg

あ~~~また農機具屋さんにオーダーか。
憂鬱だわ。

右側はブラスト作業は飛ばしてシャーシブラックを塗ってみる事にした。
もちろん1工程少ないから早いし。
これで効果が変わらないなら次回からこれでも良いかと。
左右別の仕様にして効果の検証を行う。
e0276939_8212242.jpg

缶スプレーなのでシャカシャカ振って塗るだけ。
ガンの用意もコンプレッサーも要らない。
手軽でいいね。
e0276939_8224217.jpg

1本600円ほど。
2本で1200円。安っ!!
軸の受けはウレタン塗装するのでブラスト処理せねば。
[PR]
by kurogane-mania | 2012-05-28 08:24 | 林内運搬車 | Trackback | Comments(0)

この際だから

二度も三度も車体の下回りをバラして塗るのはどうも効率良くないべ?
ということで右側の足回りもバラす事にした。
e0276939_20313624.jpg

この材木が乗っかる鉄板ね。3万円もするのよね。
どうしようかお悩み中なんだけど。
ただの縞鋼板だとホームセンターなんかでも6千円ほどなんすけどねぇ。
ネジが押しつぶされないように凹みプレス加工なんてしてあるしね。
う~~ん。どうしよう。
e0276939_20345361.jpg

まぁそれより本体横の鉄板の方が余計問題なんすけど。
なんと欠品。
いや、、、
正確には生産終了。
そりゃねぇだろ。
e0276939_20403881.jpg

材木積んでりゃイヤでもイカれる部分は出さなきゃいかんだろ。ヤンマーさんよ。
まぁサイドプレートはゆくゆく考えよう。
それよりバラシやりましょ。
e0276939_20413652.jpg

出てきた出てきた。
e0276939_20421739.jpg

やっぱ予想通り死亡しています。
ベアリングって何すか?って状態。
前側のテンションプーリーなんてこのザマ↓
e0276939_20442268.jpg

フラフラっすよ。
左右共にほぼ同じコンディション。こんなんで走るなってレベル。
e0276939_2046511.jpg

今回もイエローチャイニーズにお世話になりました。
やはり破壊力満点!!
カチンコチンに固まった走行プーリーも物ともしない。恐るべし。
e0276939_20474853.jpg

いよいよ両足を失い、ただの鉄の物体と化したレッドマシンの運命は如何に?
[PR]
by kurogane-mania | 2012-05-27 07:28 | 林内運搬車 | Trackback | Comments(0)

転輪修復完了

さぁSST(専用特殊工具)も準備できたしザクザク組もうじゃないですか。
まずはベアリングの圧入。
e0276939_20153745.jpg

SSTで更に奥まで挿入。
e0276939_20162727.jpg

どうだ!!
e0276939_20165842.jpg

ばっちり規定位置まで挿入完了!!
スナップリングを
e0276939_2017564.jpg

カチンと溝にはめて
e0276939_20183096.jpg

オイルシールを圧入・・・手で簡単に入ってしまいました。
e0276939_20192610.jpg

シャフトも取り付けて、エアーグリスポンプを使ってグリスを充填。
このエアーグリスポンプが楽でいい。
こんなの手でやるもんじゃない。
e0276939_2029398.jpg

オイルもジャジャ漏れで評価対象外の中華三昧ですが、
取り合えずベアリング圧入という任務だけは遂行できたようです。
e0276939_20223658.jpg

組み立て自体はそう時間のかかるものではなく
サクサク2時間程で終了しました。
あのゴミのような転輪が
e0276939_20261278.jpg

こうなりました。
e0276939_20235013.jpg

パチパチ!!
[PR]
by kurogane-mania | 2012-05-26 08:04 | 林内運搬車 | Trackback | Comments(0)

日本の工業製品

ブラストしてみたものの余りのコンディションの悪さに
全て新調した転輪のシャフト。
この決断は本当に正しかった。
見よこの差!!
e0276939_19373016.jpg

これじゃたとえベアリングの圧入はどうにかなっても
オイルシールは役目を果たせなかったと思われる。
パーツを発注した農機屋さんも、よくこんな状態の運搬車あるよ!!
って言ってた。
まぁ2トンもの車重を粉砕したベアリングで受け止めようってのがそもそも間違っている。
きちんとメンテナンスしていればこうなる前に分かるんだけどねブツブツ。。。

しかしだ、このヤンマー製のシャフトを見よ。
美しい。日本の工業製品は本当に美しい。
e0276939_200222.jpg

見事なまでの仕上げだよ。
私はこの品質は世界一だと思う。
(ヤンマーに限らずコマツやチクスイ、クボタにしても)
今は円相場が高すぎて本当に苦しい戦いをしているが、
やはり日本製品はクオリティが違いすぎる。
そう言われる時代がきっと来る。
そう思うよ。
中国なんてもうあと4000年経過してもこんな製品は作れないね。
やっぱ気質が違う。
製品から伝わってくる職人魂が違う。
適当な事はしない。
いや、出来ない。
それこそがMade in JAPANなんだよね。
[PR]
by kurogane-mania | 2012-05-25 08:34 | 林内運搬車 | Trackback | Comments(0)


軽井沢ストーブとも呼ばれる鐵音工房の薪ストーブとの日常


by kurogane-mania

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
鐵音ストーブの事
金森ストーブ
FA265に関して
薪について
チェーンソー
薪割り機

煙突
林内運搬車
木材水分計
自家菜園
工具の話
古民家リノベーション
蕎麦
田舎ぐらし
船と釣り
バイクの事
健康とダイエット
雑記
物欲の部屋
未分類

フォロー中のブログ

自力施業型小規模森林所有...

最新のコメント

かずまるさん >歩くと..
by kurogane-mania at 10:02
くろがねさん薪割りお疲れ..
by かずまる@ at 08:02
オレも天才かと思ったわ。..
by kurogane-mania at 13:52
軽トラwwww ウ..
by love-tyrol0417 at 13:40
小太郎ちゃん いつもは..
by kurogane-mania at 07:18

リンク(一方的に)

ライフログ

記事ランキング

ブログジャンル

住まいとくらし

画像一覧