カテゴリ:金森ストーブ( 3 )

さらばポンコツ君

先日、志賀町の金森ストーブへ立ち寄って熱いコーヒーを飲んでダラダラと汗をかきながら
社長と薪ストーブの話をしていた。
今年もポンコツ君に泣かされた事を熱く語っていた。
みっともなさすぎてブログには書けないほどのポンコツ加減を爆発させていた
我が家のポンコツ君。
社長が一言

「ウチの試作機と交換してあげようか?」
「えっ?」
「アメリカ製のエアーの通路の研究用にバラしてみたくてね」
「マジっすか?本当にポンコツですよ?」

ともうニヤケるのを抑えるのが精一杯。
1週間も経ってない今日、志賀町で仕事があったので社長に今日行く!!と連絡して
うちのポンコツの周りを片付けて
e0276939_20304227.jpg

いや~~ポンコツ君。君には泣かされたな。
e0276939_2032439.jpg

正直良い思いでが1つも無い。
こんなに薪ストーブって寒いのか?
このポンコツ君は私に絶望や石油ストーブを常時併用するといった
情けない思いを散々与えてくれたね。
なので撤去する際も全く躊躇する事がなかった。
というかこれで寒い冬ともおさらばだと思うと清々したね。
まずは煙突を外し
e0276939_20365485.jpg

不安定な炉台から足を軸に回しながら降ろして。
e0276939_20361374.jpg

うちの猫は自分の物だと思っていた薪ストーブを撤去され不安そうにウロウロ。
e0276939_20382064.jpg

隣の部屋まで回して動かした後は倒して塩ビパイプに乗せてゴロゴロと移動。
e0276939_20395980.jpg

縁側へ降りる20センチの段差が降りられないのでここで一旦立てて
e0276939_20411325.jpg

ユニックのブームを部屋の中に入れる。
e0276939_20415673.jpg

そぉ~~と吊り上げて慎重に取り出す。
e0276939_20423975.jpg

足が縁側に引っかかってなかなか出ず四苦八苦するも何とかクリア。
e0276939_20445756.jpg

約束の時間まであまりないので急いで出発するが、予定より遅れそうなので
先に仕事行くかもしれないと連絡を入れたが、先に寄ってしまった。
何度も予定を変更され慌てる金森社長。ごめんね。
で、早速ポンコツ君を降ろす。
e0276939_20481736.jpg

これまた簡単にグイーンと吊られて
e0276939_20485891.jpg

シャーっと移動
e0276939_20493590.jpg

降ろしたポンコツ君をマジマジと眺める金森社長。
何だか楽しそうだね。
やっぱエンジニアってみんなこうなんだろうね。
e0276939_20521479.jpg

ポンコツ君を降ろしたら、金森ストーブ初号機をこれまたあっさり積み込んで
e0276939_20591235.jpg

バイバーイ、社長あんがとね~~また遊びに来るね~~
e0276939_2059341.jpg

自宅についたのは夕方でした。
e0276939_20543788.jpg

この初号機は2次燃焼もないし。さてどうしたもんかな。
どっちにしろ再塗装は確実だし一旦バラして自分なりにチューニングしてみようかな。
触媒でもつけようかな。
金森ストーブをリビングに入れたらブログタイトルを
「金森ストーブと暮らす」にしなきゃいけないかも~~(笑)
しかし2年間放置ってマジでくろがね工房さんどうなん?

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
[PR]
by kurogane-mania | 2013-06-10 21:03 | 金森ストーブ | Trackback | Comments(2)

ロケットストーブ?

久しぶりに金森ストーブへお邪魔してきました。
またまた何か研究しているようでしたが
私にはさっぱり理解不能でした。
研究開発ってのがいいね。
煙突?ですか?
e0276939_1856348.jpg

何だか妙なパーツも。
まだ研究中との事で詳細は許して~
e0276939_18565182.jpg

で、外へ出てみると何やらユラユラと陽炎が立ち昇っている。
e0276939_18574878.jpg

構造的にはロケットストーブみたいですけど・・・何か違うようです。
まぁ研究中だという事なので、完成したら私も宣伝しますよ専務!!
んで、お茶を飲みながら運搬車の悲惨なサブフレームの曲がりの事などを相談。
そんなん作ればいいやん!!簡単や!!
とそりゃぁ旦那。
鉄工所の皆さんからすればそうでしょうけど・・・
自走できるようになったらお持ちしますんで宜しくお願いします!!
今日はこれからレバ刺しとのお別れ会に行ってきます。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

[PR]
by kurogane-mania | 2012-06-28 19:02 | 金森ストーブ | Trackback | Comments(0)

久しぶりに

金森ストーブの金森さんを訪ねた。
本社に展示してあった初号機が最新の物に入れ替わっていたよ。
e0276939_9412229.jpg

っていっても塗装が美しいぐらいしか外観上の違いはなさそうだけどね(笑)

金森ストーブと出会ったのは今年の初め頃。
うちのバーモントキャスティングの小型ストーブの発熱量不足に悩み苦しんでいた
まさにその時に衝撃の出会いを果たしたのだった。
e0276939_104785.jpg

うちではどんなに薪を入れてもオキが溜まる一方で部屋は暖まらず苦戦していた。
だが、1月の雪深く寒い日にも関わらず金森ストーブのショールームでは暑くて
Tシャツ1枚で過ごせる程暖かかった。
本当にショックで価値観を180度裏返された瞬間だった。
あの時の衝撃は今でもはっきり覚えているし、鋳物ストーブから国産鉄板ストーブへ
移行しようと決意した瞬間でもあった。
正直国産、鉄板ストーブに対しては何となく2流、亜流的な扱いが強く、
私も正直そんなに興味はなかった。
しかし、金森ストーブの圧倒的な暖房性能の前では私の価値観は脆くも崩れ
真剣に鋳物ストーブと鉄板ストーブの選択を始めていたのでした。
そして、同時に以前から興味を持っていた軽井沢ストーブという選択肢も
現実味を帯び始めたのでした。
e0276939_1045298.jpg

じゃあ何で金森ストーブを選ばなかったのか?
いや。選んでいない訳ではありません。
恐らく家のリフォームが完了する3年後、我が家の台所に金森ストーブが
鎮座する予定なのです。
e0276939_1053316.jpg

リビングはくろがねストーブ。キッチンは金森ストーブ。
大好きな2台に囲まれて暮らすなんて考えただけでもワクワクする。
金森さんへのオーダーは、くろがね工房以上に厳しい内容になる事は必死。
だけど金森さんならきっと乗り越えてくれると信じています。
家の中の床暖房一式に給湯機能。調理機能に暖房能力、遮熱性能など
求められるスペックは半端じゃない。
デザインも私からオーダーする。
しんどいだろうなきっと。
でも一緒に夢の一台を作ろうと思っている。
今、金森さんと共に研究中なのでした。
金森さん、また寄らせて下さいね。
[PR]
by kurogane-mania | 2012-04-27 10:05 | 金森ストーブ | Trackback | Comments(0)


軽井沢ストーブとも呼ばれる鐵音工房の薪ストーブとの日常


by kurogane-mania

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
鐵音ストーブの事
金森ストーブ
FA265に関して
薪について
チェーンソー
薪割り機

煙突
林内運搬車
木材水分計
自家菜園
工具の話
古民家リノベーション
蕎麦
田舎ぐらし
船と釣り
バイクの事
健康とダイエット
雑記
未分類

フォロー中のブログ

自力施業型小規模森林所有...

最新のコメント

夏かよ!と油断してると雨..
by チロル at 07:00
えぇ〜っnakaさんが体..
by kurogane-mania at 09:14
そうすね。 重いので代..
by kurogane-mania at 09:13
ああっそば食いたかったな..
by naka at 22:22
トラクターいいね! も..
by naka at 22:19

リンク(一方的に)

ライフログ

記事ランキング

ブログジャンル

住まいとくらし

画像一覧