家庭菜園

うちでは道路を挟んだ向こう側に小さな菜園を用意してささやかながら野菜を作っています。
1ヘクタール近い農地や2ヘクタール以上もある水田も所有しているのですが、
管理出来ないので近くの農家さんに管理してもらっています。
残念ながら農薬、化学肥料を使用した紛れも無い慣行農業によるお米です。
周囲も全て慣行農業なのでどうにもならない状態ですし、サラリーマンの私は
年がら年中水田の中にいる訳にもいかないのでそのような状態に甘んじています。

菜園の方は猫の額ほどの広さなんですが、管理が楽なので重宝しています。
自家菜園の方は去年の春に自然農法に移行しようと決め
化学肥料の類は一切入れていません。
ただ、一昨年の分がまだ効いていると思われるのでしばらくは完全無肥料とは言えない状態が
続きそうです。
それでも液肥などがなくとも立派に育つたくましい野菜達を紹介します。

まずは、キヌサヤ。
e0276939_12201377.jpg

今年は雪解けが遅かった為、秋口に植えた種が発芽したものの死滅してしまい、かろうじて残った1本が
何とか結実しています。しかし、親子3人の家庭では実はこれで供給が足りていて、去年までの
大きな棚は何だったんだろうと考えさせれています。

スナップエンドウ
e0276939_12204332.jpg

これは苗を購入してGW過ぎに植えた物。
時期が遅かったのと、既にトマト類に栄養分を吸い取られてしまった大地なので
とても丈が低い情けない状態ですが、それでも立派に実を付けています。

ベビーリーフなどの葉物
e0276939_1221217.jpg

正直リーフ類の生命力の強さには驚かされます。
雑草にも似た逞しさがあります。
いつ種子が出来たのか勝手に増えていました。
サンチュなんかも結構強いですね。
夕食直前に葉っぱを収穫して食べる。
最高の贅沢です。
実はリーフにもきちんと味があります。爽やかな香りも。
どういう訳かスーパーの葉物にはそんな味や香りがありません。
とても不思議ですが、これは驚きでした。
何と歯ごたえまであるのですよ。
無農薬、無肥料ですからこんなお客様もおいでます。
e0276939_12215982.jpg

バジルはちょっとマズイ状態ですね。死亡寸前です。

今、肥料作りの本を買ってきて学んでいる最中です。
どの方法が自分たちのライフスタイルに合うか。
スーパーで買った野菜の屑から作る肥料は無農薬と言えるのか?
そんなマクロな悩みを抱えながら楽しむ小さな菜園は夢が詰まっています。
最後に、今晩のサラダはスナップエンドウに決定。
この色、分かりますか?
e0276939_12251761.jpg

自然栽培で育てた野菜の色は薄いんです。ご参考までに。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

[PR]
# by kurogane-mania | 2012-06-21 07:34 | 自家菜園 | Trackback | Comments(0)

台風一過

朝起きて仕事に向かう前に薪場を覗いて
e0276939_213397.jpg

ほっ。何とも無い。
北陸はそよ風が吹いた程度だったので心配していなかったけれど、
やっぱり自分の目で確認するまではちょっと不安だった。
OK!OK!!
良かった。
風通しが良いと言うことは、風が直撃するって事だしね。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

[PR]
# by kurogane-mania | 2012-06-20 21:04 | 薪について | Trackback | Comments(0)

不耕起栽培

私のブログからのリンクでも勝手に紹介している能登で自然農法を実践している新井 寛さん。
この方は本当に凄い。
何が凄いって農薬から肥料まで何も使わずにお米を作っている事が凄い。それに尽きる。
肥料を使わないと言うと非常に多くの誤解を受けると思うので批判を承知で知ったかぶり解説をすると、
化学肥料の代わりに微生物から始まった生物の営み=排泄物を肥料として
利用出来るように仕向ける農法。
生物の為に耕起(田起こし)すら行わない。
言葉にすると簡単だけど、それは想像を絶する自然との闘い。
そんな彼が師と仰ぐ岩澤信夫さんの事が知りたくて書籍をオーダーした。
e0276939_10125350.jpg

新井さんも本当にストイックな方だけど、この岩澤さんは新井さんが尊敬する師だけあって
凄い。
だけど、書籍を読むと本当に暖かい人柄が窺い知れた。
苦しくも自然と向き合い続けた人生。
その言葉は深く、そして優しかった。
e0276939_10132099.jpg

新井さんも本当にひたむきで頭の下がる青年だけど、彼の優しさの根源もここにある気がした。
この本を読んで、ほんの少しだけ彼の眼差しの向こう側が見えた気がした。



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

[PR]
# by kurogane-mania | 2012-06-20 07:31 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

薪棚を作ろう 5

台風が近づいていますね。
そんな中、薪棚の補強や屋根葺きを行っていました。
補強に時間が取られて肝心の屋根は少しの時間しか作業出来ませんでしたが、
1ブロック分は葺き上げました。
e0276939_19582537.jpg

この屋根に使った波板は元々友人の倉庫の壁として使われていた物で、
正直再利用するには強度的にも外見的にも相当無理がありました。
実際私も捨てようと算段していたくらいですし。
e0276939_19585734.jpg

ただ今回、捨てるくらいなら薪棚の屋根にでもと思い使ってみた次第です。
薪の雨養生はそうも神経質になる必要はないとよく聞くので
穴の開いたところどころひび割れのあるこの波板を使ってみる事にしたのです。
まぁ、余りにも適当に作った棚なので投資する気になれなかったってのもあります。
要は

「通気性が良くて」
「ある程度雨風をしのげて」
「倒れない」

この3要素さえ満たせば私としては文句ないのです。
自宅の前とかであれば凝った棚もアリかと思いますが、
誰に披露する訳でもないのでこれで十分です。
e0276939_19592258.jpg

もう2時間ほどあれば屋根が完成するんですがね。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

[PR]
# by kurogane-mania | 2012-06-19 07:03 | 薪について | Trackback | Comments(0)

父の日なんだってさ

と言うことで分厚い豚肉が食べたい!!と騒ぐ私のリクエストに応えて
宮崎産の骨付きゴールドポークを買ってもらった。
厚みは4センチ程。
これだよこれ!!おいらの食べたかったのは!!
こいつを塩と自家菜園のローズマリー、ブラックペッパーをまぶして
最強の火力で焼き色を付けて、裏返し、白ワインを開けてドバッと入れて
蒸し焼きにしてロースステーキ完成。
e0276939_2224522.jpg

白ワインはワインセラーから出した
こないだ買ったワインのオマケのような存在で多分1000円以下。
メーカーも知らないけど、まぁいいかなって感じです。
味はわりと硬めで硬派な印象です。
今日のお肉にはこれぐらいのワインの方がいいかな。
で、
ジャジャーン
e0276939_22252456.jpg

ソースはバルサミコと赤ワイン(シャトーモンペラの余った物)を煮詰めて回しかけると♪
いや~~この豚肉、マジで美味いわ。
肉質最高。甘い甘い。
しかも何この734円って。安くね?
でもね、何で調理してるのがオレ自身なんだ?
まっいいけどね(笑)
と言うことで家族サービスな父の日でした。



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

[PR]
# by kurogane-mania | 2012-06-18 07:16 | 雑記 | Trackback | Comments(0)


軽井沢ストーブとも呼ばれる鐵音工房の薪ストーブとの日常


by kurogane-mania

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
鐵音ストーブの事
金森ストーブ
FA265に関して
薪について
チェーンソー
薪割り機

煙突
林内運搬車
木材水分計
自家菜園
工具の話
古民家リノベーション
蕎麦
田舎ぐらし
船と釣り
バイクの事
健康とダイエット
雑記
未分類

フォロー中のブログ

自力施業型小規模森林所有...

最新のコメント

夏かよ!と油断してると雨..
by チロル at 07:00
えぇ〜っnakaさんが体..
by kurogane-mania at 09:14
そうすね。 重いので代..
by kurogane-mania at 09:13
ああっそば食いたかったな..
by naka at 22:22
トラクターいいね! も..
by naka at 22:19

リンク(一方的に)

ライフログ

記事ランキング

ブログジャンル

住まいとくらし

画像一覧