近所迷惑な薪

午前中の仕事を終えて自宅に戻った。
薪ストーブが設置してある部屋を開けると何だか臭う。
何というか鼻を突く匂い。
薪の不完全燃焼っぽい匂いだ。
どこからだ???
e0276939_8483287.jpg

炉内にはちゃんと熾火もあるし、炎も上がっている。
e0276939_849771.jpg

どこだ??
どこからなんだ???
e0276939_8492920.jpg

ここか???
e0276939_8494211.jpg

それともここか???

換気するもしばらくするとまた臭う。
よくよく観察すると炎の色が暗い。
扉を開けると一気に燃える。

出たよ……

ダメ薪に当たった。
この薪の列に当たるとしばらくは、この臭臭地獄を味わう羽目になる。
当然煙突からも臭臭臭が盛大に撒き散らされている。
あ〜〜最悪。
ほんとご近所の皆さん申し訳ない。
なぜゆえこんなダメ薪が発生するかは不明。
間違い無いのは我が家がご近所さんの迷惑になっている事実のみ。
何なんだよ全く……

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

[PR]
# by kurogane-mania | 2017-02-28 08:54 | 薪について | Trackback | Comments(2)

足場を用意したのに室内作業

足場を準備した翌日の日曜日、外は雨……
プリウスを車検に出した後、家でママとゴロゴロ。
食っちゃ寝、寝ちゃテレビの録画を観るという自堕落を地で行ったような最低な時間を過ごす。
が、午後になって、こんなクソみたいな生活していちゃだめだ!!と突然目覚めて現場入り。
助監督のKさんが現れたがカントクに任せてオイラは現場で刻みを始める。
e0276939_6553565.jpg

丸ノコも手ノコも刃を新調したのでスパスパと切れるので気持ちいい。
さっさと1本刻んでしまったので懐かしい足場ON桁で担ぎ上げた。
サボっていた2ヶ月間の間にすっかり材料は乾燥が進み軽々と持ち上げた。
e0276939_6581558.jpg

今回から少し桁の打ち込み仕様を変更した。
精度は求められるが、その分丈夫になると思われ。
そして掛矢で叩き込む。
e0276939_701577.jpg

割とスムーズに入ったので助かった。
e0276939_703868.jpg

入った〜〜
e0276939_711734.jpg

さぁこの桁を基準にどんどん作業を進めるよ!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

[PR]
# by kurogane-mania | 2017-02-27 07:02 | 古民家リノベーション | Trackback | Comments(2)

足場組み

もはや材料置き場と化してしまった我が家の現場
e0276939_7491821.jpg

足の踏み場もないとはこの事で
あっちも
e0276939_7531733.jpg

こっちも
e0276939_755866.jpg

何とか片付けてスペースを空けてスライドを設置。
そこに刻む桁を何とか置いた。
e0276939_754465.jpg

年末のハードな作業で限界を超えていた丸ノコの刃を交換することにした。
e0276939_7565140.jpg

地元で買うと4000円もする刃だが、ヤフオクの置き古し品を半値でゲット。
e0276939_7575436.jpg

交換完了。
e0276939_7582891.jpg

ようやく準備が整ったところで親戚のおじさんから電話があった。
「足場用意できたから一緒に運ぼう」
去年からお願いしておいた足場の準備ができたと言うのだ。
実はお嬢の部屋の外壁をやるには足場が絶対に必要だった。
叔父さんが足場を用意してくれないからお嬢の部屋が進まないと
何とも見事な言い訳でカントクや助監督を騙してきたオレだったが
いよいよ年貢の納めどきのようで俺の意見など全く無視して土曜日に運ぶぞとの事に。
叔父さんの職場からキャン太いっぱいに足場を積んで帰宅。
助監督のKさんも現れて足場を組んだ。
半日で大体組み上がったが若干パーツが足りず午後に持ち越す事に。
e0276939_853852.jpg

仕事から戻るママを待つ間にパスタを用意。
この日は秋に釣り貯めておいたアオリイカのエンペラと足を豆乳ベースのスープパスタに合わせた。
e0276939_874160.jpg

イカはスープとは別に魚醤で強めの味を付けトッピング。
淡白な豆乳スープにパンチの効いたイカの風味が絶妙。最高に美味かった。
午後からは足場の仕上げ。
e0276939_891150.jpg

4段のそびえ上がる足場に叔父さんもKさんも満足そう。
俺は言い訳が出来なくなり震え上がっていた(笑)
もう春だからね。そろそろ冬眠から目覚めて頑張ろうかね!!

とっても好感を持てるブログを発見したので勝手にリンクして紹介
「マジで?コレどうすんだ?」ってブログ。
自身が素人だと断言しながら悩み、考えながら進む姿が自分とも重なる。
オイラだってプロフェッショナルな部分と、ど素人な部分が入り混じり
知らない分野だと本当に悩む。
赤裸々にその悩む姿を伝える姿が気に入ってね。
そうなんだよね。セルフビルドは葛藤と悩みが常時付きまとうしね。
俺も頑張ろう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

[PR]
# by kurogane-mania | 2017-02-26 08:10 | 古民家リノベーション | Trackback | Comments(4)

味噌作り

寒い冬の終わりの味噌作りを我が家の伝統行事にしましょうなんて言いながら去年はサボった。
今年はやるんだぞ!!とママに言いつけて準備させた。
そして朝8時に点火。
e0276939_7373625.jpg

最近は真面目に薪ストーブで火遊びしているので一発着火。
そして火の番をしながら半日煮込んで豆をふかふかに煮る。
e0276939_739278.jpg

丁度煮上がる頃にTちゃん登場。
e0276939_740326.jpg

ちゃんと朝から来いよ!!といきなり怒られるTちゃん。
だけどメゲずに作業を行う。
メンタル強いなTちゃん!!
それからママと3人でランチを食べて、いよいよ味噌作り本番。
e0276939_742173.jpg

ミンサー用意して茹で上がった味噌をグリグリと潰す。
e0276939_743263.jpg

ママ達もそれぞれに計量係やミンサーに豆を補充する係など。
e0276939_7434582.jpg

麹と合わせて味噌団子に。
そして樽に詰める。
e0276939_7443810.jpg

午後のティータイムには作業が終わり、3人ともぐったり。
良かった。これで安心安全な味噌がまた味わえるよ。
Tちゃん、ママお疲れさん!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

[PR]
# by kurogane-mania | 2017-02-20 07:46 | 田舎ぐらし | Trackback | Comments(4)

turk クラシックグリルパンをゲット

何時もの製材所の事務のおねぇさんから電話があった。
「どないしたですか?」
「例の3尺の板材が結構な数になったので引き取って欲しいと社長が言ってます」と。
了解〜〜ってんで引き取りに行った。
e0276939_21121028.jpg

結構あるな〜〜と思ってたら仲良しの従業員さんが登場して
どれだけ持ってきます?と尋ねるので「全部持ってくよ〜」と伝えると
んならリフトでパレットごと乗せてあげるよ。
とフォークリフトで積んでもらい1時間ほどの時間を無駄にせずに済んだ。
e0276939_21152599.jpg

キャン太の荷台のど真ん中にどーんと。
e0276939_21161052.jpg

フラフラしながら自宅に戻った。
恐らく1トン弱あるかと。

自宅に戻ってからは先日届いたturkのグリルパンを眺めてうっとり。
e0276939_21193736.jpg

パエリアでも作るようなグリルパンだが、turkのクラシックシリーズ。
直径26cmのグリルパンが何と2万5千円もする。
e0276939_21213098.jpg

いいねぇ〜〜いいねぇ〜〜〜
表面には微妙に凹凸が。
e0276939_21231952.jpg

これが手で打った証なんだよね〜〜
手作りのクラシックシリーズにはシャレオツなエコバックも付属。
e0276939_21223690.jpg

エコバックはオイラの書類、資料入れに。

そしてturkを使う際の最初の儀式を開始。
いわゆる焼き慣らしね。
まずはぬるま湯に洗剤とタワシでゴシゴシ洗って錆止めのために表面に塗られている油を落とす。
e0276939_21282415.jpg

念入りにね。
それから洗剤を綺麗に落とし軽くから焼きして、ジャガイモの皮と塩、油を入れて弱火にかける。
e0276939_21293822.jpg

グツグツ言い始めたら木べらで底板をこそぎ落とす感じでゴリゴリとやり続ける
e0276939_21302964.jpg

結構時間かかるんだけど飽きずに混ぜ混ぜしましょう。
ジャガイモの皮が茶色に色づいたら火入れ完了。
油を捨てます。
e0276939_2132697.jpg

芋もめっちゃ美味しそうなんですけど捨ててしまいます。
e0276939_21323265.jpg

グリルパンに残った油なんかを丁寧に拭きあげて
e0276939_21333679.jpg

ぬるま湯でサッと洗い流す。
e0276939_21341567.jpg

ここでゴシゴシと洗うとせっかくの油の薄膜コーティングがなくなるので、
あくまでも軽く洗い流す事が大切なポイントです。
洗い終えたら再び火にかけ水分を飛ばしたら準備完了。

夜は早速グリルパンを使って料理。
なぜか担当は私。
新鮮な牡蠣が手に入ったので牡蠣グラタンを作ることにした。
雪平鍋でベシャメルソースを作ったらいよいよグリルパンの出番。
オリーブオイルでみじん切りのガーリックを炒めたら玉ねぎを加え、
バターと牡蠣も投入。
同時に茹で上げたショートパスタとベシャメルソースを頃合いを見て投入。
チーズやパン粉、バターを乗せてオーブンへ。
e0276939_2142554.jpg

ここなんだよな。
作ったままそのままオーブンにin出来るのがいい。
e0276939_21424557.jpg

15分ほどで焼きあがった。
素敵!!
そしてそのまま食卓へ
e0276939_21433120.jpg

いただきまーす!!と食べ始めたのだけど
「はいパパはそこまでね!!」と制限されてしまった。
隙を見ては盗み食いをしていたがあっと言う間に空っぽに。
e0276939_21451254.jpg

いやいや美味かったな〜〜
最初から最後まで1つのグリルパンで行けるのがマジ画期的。
また宝物が増えたぜ〜〜
って気になるのが値段でしょ?
ふふふふ。すげーお買い得価格で買っちゃったんだな〜〜
年間生産量僅か8000枚のターククラシックのうち何枚がグリルパンになるのかな〜
って想像するだけで楽しくなってしまう。
オイラが愛してやまないタークのクラシックはこうやって作られるのよ↓
http://www.zakkaworks.com/turk/assets/videos/turkmake01.mp4

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

[PR]
# by kurogane-mania | 2017-02-14 21:49 | 雑記 | Trackback | Comments(2)


軽井沢ストーブとも呼ばれる鐵音工房の薪ストーブとの日常


by kurogane-mania

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
鐵音ストーブの事
金森ストーブ
FA265に関して
薪について
チェーンソー
薪割り機

煙突
林内運搬車
木材水分計
自家菜園
工具の話
古民家リノベーション
蕎麦
田舎ぐらし
船と釣り
バイクの事
健康とダイエット
雑記
未分類

お気に入りブログ

自力施業型小規模森林所有...

最新のコメント

チロルさん、こいつぁ流石..
by kurogane-mania at 10:34
se-nenさん、そのよ..
by kurogane-mania at 10:31
かずまるさん、自慢のオイ..
by kurogane-mania at 10:28
shige02さん、NO..
by kurogane-mania at 10:26
灯油ポンプと灯油タンクっ..
by チロル at 08:04

リンク(一方的に)

ライフログ

記事ランキング

ブログジャンル

住まいとくらし

画像一覧