セルロースファイバーを手で吹き込む

なんだか最近忙しくて、ブログ用にと思って撮っておいた写真も
アップし忘れる始末。
先週はセルロースファイバーの吹き込みをやったんだった。
e0276939_22024936.jpg
完全防備でやると割と快適なんだよね。
e0276939_22025605.jpg
そろそろ迫ってきた左官DIYに向けてコテ板を購入。
e0276939_22030653.jpg
アマゾンの巨大な箱に入ってきたが、うちはプライム会員なので送料無料。
e0276939_22030114.jpg
エアコンの室内機を収めるスペースはゴチャゴチャしているので、
下地に小幅材は使わずに構造用合板で代用。
どの位置でもボード釘が打てるのがメリット。
e0276939_22031321.jpg
コメリのPBのコーススレッドは本当に使えないと以前書いたけど、
まさか構造用合板まで酷いとは想像を軽く超えていた。
国産だと自慢していたが、妙に軽い。
そしてそれは強度に直結していて、少しでも合板が引っ掛かろうもんなら
バリッとかベリッとかいって裂ける。
e0276939_22031729.jpg
マジか!!ってほど簡単に分解してしまう。
とてもじゃないけど構造強度なんて出ねぇよ。Kシリーズの合板では。
まぁいいけどね。うちで使ってるのは強度が必要な部分じゃなくて
ボードネイルが立てばそれでいいんだから。
怒っていても仕方ないので先に進む。
このエアコンスペースの仕切り壁にもセルロースファイバーを吹き込むことにした。
断熱効果より防音性能が欲しかったので。
セルロースファイバーの最大の利点はその防音性能だと思う。
ダイケンの防音シートとかお客さんのところで採用したけどイマイチ効きが悪い。
ほとんど効果なしと言うレベル。
高音域が若干切れたかなぁ〜って程度。
最も人が敏感に感じ取れる中音域はほとんどスルー。
だが、セルロースファイバーは、ほぼ全帯域を切ってくれる。
高音から低音までシャットアウト。
これはマジで素晴らしい。
施工性の悪さも手で入れればいいじゃん!!と新たな発見をしたので
今回の細かい区画を手吹き込み施工してみた。
セルロースファイバーの塊を手でほぐして準備。
e0276939_22032146.jpg
おもむろに手で掴んでどんどん詰めてゆく。
e0276939_22032691.jpg
入らなくなったらOK!!
手で入れるから埃も立たないだろうと舐めてたら結構な埃が出たので
軽装備ながらにマスクを装着。
e0276939_22034280.jpg
そして、あっという間に施工完了。
e0276939_22033077.jpg
メーカーさんの確認は取ってないけど、吹き込みと原理は同じだから大丈夫だべ。
コンセント部分の不織布を切って
e0276939_22033389.jpg
不安なKベニアにコンセント穴を写し取って
e0276939_22041020.jpg
穴を開けたら
e0276939_22041438.jpg
壁にセット。
100mmピッチで45mmのコーススレッドで打ち止めておく。
e0276939_22033819.jpg
合板だけだとブオンブオンと妙な反響音の出る合板もボフボフといい感じに
音が切れてる。この上から4分の石膏ボードを貼れば静かな壁の完成よ。
このエアコンスペースのコンセントは横の壁に用意したんだけど、
いざPE菅を通そうと思ったら狭くて…
なので、今年のヒットアイテム、アングルアダプターを駆使して穴あけ。
まずはじめに細めの木工ビットをセットして
e0276939_22034694.jpg
グリグリと穴を開けまくる。
e0276939_22040210.jpg
それからボアビットに交換して仕上げ掘りをする。
e0276939_22040607.jpg
細いキリでザクザクに穴を開けられてるからボアビットもサクサク進む。
アングルアダプターでも何の問題もなく作業可能。
PE菅を通したら完成。
e0276939_22042034.jpg
我ながらシステマティックに纏まってて気持ちいいぞと。
これでエアコンスペース周辺の造作は完了。
e0276939_22042430.jpg
お次は各種情報機器スペースの造作。
5個用のスイッチボックスにPEアダプター取り付けて
e0276939_22042778.jpg
恐怖のKベニアを切り抜いてセットする予定が、
開けた先に先ほどのPE菅が通ってて無念の取り付け位置変更。
e0276939_22043264.jpg
そして、本体を装着。
e0276939_22043612.jpg
根太ボンド漬けにしておいた。
どのみち最後はプレートで締め上げるからそう関係ないかと。
左側から2個までが電源コンセント3口×2
縦に2個入る所はテレビアンテナのイン&アウト。
この区画にブースターを設置する予定なので。
そして外部から引き込んである予備の情報用スペース。
右端が光コンセントのスペース。
今の所こんな感じですかね〜。
将来的に不足したらコンセント部分でも移動して確保しますかね?
で、いよいよ足並みも揃ったので恐怖の左官作業に突入。

まずはマスキングして
e0276939_22043911.jpg
おニューのコテ板に練り漆喰をブチューっと出して
e0276939_22044393.jpg
無言で施工。
3日前にうちの町のレジェンド左官職人の神がかった技を目の当たりにしているので
気分は俺もレジェンドな感じで。
e0276939_22035834.jpg
スーパー職人のお二人。
半端ない技術力でオーダーに応えまくる。
マジスゲーんだってば!!

そして気分はレジェンドの俺も何とかフィニッシュ!!
e0276939_22044722.jpg
間接照明部分の先行作業部分の塗り完了!!
何だかとってもいい感じに仕上がって自分でも驚いた。
超苦手分野だったんだけどねぇ。左官は。
ここでママがご飯だと呼ぶのでディナーに。
壁塗り(極小エリアだけど)が成功したのでご機嫌になって
まっ茶色のご馳走をのどごしをグビグビ飲みながらいただく。
e0276939_22045110.jpg
あ〜〜〜満足満足。
e0276939_22052002.jpg
ビールがウメェぜ!!

にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

[PR]
by kurogane-mania | 2018-04-13 22:43 | 古民家リノベーション | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kurogane77.exblog.jp/tb/27196845
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


軽井沢ストーブとも呼ばれる鐵音工房の薪ストーブとの日常


by kurogane-mania

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
鐵音ストーブの事
金森ストーブ
FA265に関して
薪について
チェーンソー
薪割り機

煙突
林内運搬車
木材水分計
自家菜園
工具の話
古民家リノベーション
蕎麦
田舎ぐらし
船と釣り
バイクの事
健康とダイエット
雑記
物欲の部屋
未分類

フォロー中のブログ

自力施業型小規模森林所有...

最新のコメント

兄さん長生き希望やね。 ..
by kurogane-mania at 12:27
とりあえず75年で(笑)..
by naka at 21:25
ね。オレも完璧同感したよ..
by kurogane-mania at 17:27
「生きている側の人間が死..
by チロ at 09:22
直せるんじゃねーんだよ。..
by kurogane-mania at 19:06

リンク(一方的に)

ライフログ

記事ランキング

ブログジャンル

住まいとくらし

画像一覧